下北沢で店舗探し

現在の下北沢の概略

現在下北沢周辺に大小合わせて約1500件の店舗があります。 飲食店、物販店がその中でも大半を占めます。 渋谷、新宿へアクセスが良く週末は多くの人手で賑わう街ですが各店舗の寿命は、意外なことに短いです。 また、各方面で色んな意見が飛び交う下北沢の再開発問題。道路計画上にある物件も期限付きではなく、通常の賃貸借契約物件として募集されている物もあり、注意が必要です。

なぜ下北沢のお店は続かないのか?

理由としては幾つか、あるのですが、下北沢は渋谷、新宿、原宿、表参道、池袋など他の若い人が集まる場所に比べてローカル色が強くあります。 渋谷~などは、地方から来られる方の割合が多いです。そういうお客様は東京になかなか来られないので一生懸命買い物をします。 下北沢に訪れる方のホトンドが地元、または小田急、井の頭沿線の顧客です。 そういうお客様は、当然上述の渋谷~にも訪れます。敢えて、下北沢に訪れようとする目的は、下北沢しかない個性的なモノを探しに来ます。 逆に、他の場所にあるようなモノは、よほどネームバリューが無い限り苦戦します。これは、物販に限らず飲食店にも同様な事が言えます。

北と南で街の雰囲気が変わります。

洋服、美容室系が多い北口と、飲食店が林立する南口。 下北沢は、北と南で街の雰囲気が変わります。洋服、美容室系が多い北口と、飲食店が林立する南口。商店街は主に4つありますが、南口商店街が全体の半分以上の人通りを集めます。お店を探されている方で、南口限定で探されている方は少なくありません。ただ、家賃の額が渋谷、原宿の一等地並で大手資本を持つ企業でもなかなか手を出しづらいというのが現状です。また飲食店が林立し、10代20代前半が顧客層となる為、安いアイテムしか売れません。

業種による出店

下北沢で物販店出店を狙うのであれば、北口です。雑貨店やアパレル系が多くその中にお洒落なカフェ、美容室などが介在します。 飲食店を出そうとするのであれば、夜遅くまで集客が期待できるあづま通り家賃が他より安い一番外商店街などがおすすめです。 もちろん、南口の人通りは魅力ではありますし、資金に余裕があれば出店も一考ではあります。

店舗探しをされている方は是非一度弊社にご相談ください。 http://willstage.jp/?page_id=18873

 

このページの先頭へ