下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

日経新聞でも取り上げていた『おとり広告』について書いてみました

日経新聞でも取り上げていた『おとり広告』について書いてみました

[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_message color=”alert-info” style=”rounded”]先日日経新聞に掲載されていたおとり広告の件 不動産ネット広告への警告最多 13年度、築年数偽りなど

インターネット上の不動産広告が不当表示に当たるとして、業界団体の厳重警告を受けた業者数が2013年度に過去最多となったことが1日わかった。「首都圏不動産公正取引協議会」(東京・千代田)によると、築年数を偽ったり、集客目的の「おとり広告」として格安賃料を掲載したりする手口が目立つ。ネットで賃貸住宅などを探す人は増えており、国土交通省は業界に是正を求めている。

[/vc_message][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]ここからさきは有料会員でないとこの先は見られないのですが[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_toggle title=”ちょこっと抜粋” open=”false”]前年度に比べ29%増えた。全体の9割にあたる52件がネット広告で、33%増と過去最多を更新した。 他には新聞の折り込みチラシなどに不当表示があった。 警告を受けた広告の多くは賃貸物件。築年数や面積のごまかしに加え、最近は客を呼び寄せるための おとり広告を出す例が目立つという。 例えば、千代田区の不動産会社は周辺相場より賃料が2~3割安い物件を掲載。 同物件を広告していた1年3カ月間に客から133件の問い合わせがあったが契約を一度もしなかった。 明らかな虚偽内容は宅建業法違反(誇大広告)で、国は業者を業務停止処分にできる。 しかし、格安物件を契約するつもりがない「おとり広告」と立証して処分するのは簡単ではない。[/vc_toggle][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]

おとり広告のトレンドは?

[/vc_column_text][vc_column_text]記事にある『築年数や面積のごまかし』では無く人気物件の契約終了後の掲載です。 例えばこういうの・・・ http://willstage.jp/member/?p=31986[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]

何故立証がおとり広告の難しいのか?

[/vc_column_text][vc_column_text]築年数表示や面積のごまかしは、単に入力ミスというケースも多々あります。特に数字入力の際のタイプミスは不動産に限らず結構ありますので、それをおとり広告だと指摘は出来ないはずです。 またトレンドである、契約終了後の掲載は、単にメンテナンスをしてなかったと言うケースもあります。掲載する物件が専任媒介の物件ではない限りリアルタイムな把握は難しいケースも多いです。もちろん、各業者の日々の努力、定期的な物件確認や自社サイトの巡回でこういったミスを極力防ぐことは出来ますがそれでも100%を大丈夫ですとは言い切れません。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]

おとり広告って何が悪いの?その他の物件で良い物があれば結果オーライじゃないの?

[/vc_column_text][vc_column_text]確かにそうなんですが、嘘から始まる話です。取引の中身でも嘘を付いている可能性も考えられませんか? 礼金の上乗せされたり 礼金が1ヶ月、無しの物件を2ヶ月にして懐にいれちゃったり(ググるとたくさん出てきます。>>試しにググってみる 消毒代をかすめ取られたり 下北沢で部屋を探すときに知っておきたいこと-取引時- おとり広告をしている業者はほぼ100%、これらの費用をボッタクろうと目論みます。また、釣った魚を他に逃さない為の嘘も常套手段。過去にウチで募集している物件を『これはオトリだから行っても無駄』と言われたこともありました。 私が扱う物件を契約する際は、礼金の上乗せ、消毒代などのボッタクリは厳禁としているからです。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]

おとり広告の被害に遭わない為にすべきこと

[/vc_column_text][vc_column_text]たった一言でネット不動産のおとり広告を見極める事が出来ます。 こちらの不動産業者さんが、ズバリ書いております。そう、 怪しいかもと思ったら『現地待ち合わせ』で内見をお願いすることです。 電話が最も効果テキメンなんですが、メールでも有効。ここに面白いエピソードがあるので参照下さい。 http://willstage.jp/member/?page_id=33841[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]

下北沢の不動産屋さんにもオトリはあるの?

[/vc_column_text][vc_column_text]ありますよ、ありまくります。以前は新宿、渋谷、池袋などのターミナル業者と言われる空中店舗型の不動産屋がホトンドでしたが、最近は不動産屋が増えてどこも食っていくのに大変なんでしょう結構やっちゃってます。上のメールで槍玉にあがる業者も下北沢です。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]

オトリをしている不動産業者に一言

[/vc_column_text][vc_column_text]若干斜陽になりかけている不動産賃貸業、不動産、とくに賃貸で食っていくのは大変です。 部屋探しをされる際、ネットを使われる方の割合が8割とか9割とか言いますが、オトリ業者が多いせいなのか紹介などで物件探しをされる方の割合も増えてきています。ある程度年月営業していれば、リピーターも獲得できます。 でも、嘘をついてイナゴ見たく市場を食い荒らしている業者に誰が紹介などするのでしょう。二度とあそこだけは行かないってなりませんか? オトリを推奨、容認している経営者の方々もこんな風に掲示されても良いんでしょうか? 宅地建物取引業者に対する行政処分について 某社は、名前を変えて看板も借りて、相当の代償を払った事でしょう。それでもインターネットが今の形態で ある限り、消えませんよね。 自分に火の粉がかかるだけなので大きなお世話かもしれませんが、目先の利益に捕らわれず何年か先もそこで商売をするという事を考えて頑張って欲しいです。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top