下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

長期空室を許してしまった物件がようやく決まりました

長期空室を許してしまった物件がようやく決まりました

ウィルステージの扱いである物件では最長記録かもしれない9ヶ月の空室期間を要した物件が決まりました。色々決まらない要因はあったのですが主に理由としてはこんなとこ。

  • 1.家賃が高かった
  • 2.建物が古い
  • 3.最寄り駅、周辺がパッとしない
  • 4.途中で他社と競合する形になってしまった

繁忙期が終わりかけた際に、大きく家賃を下げてもらいそこで決まりかけたのですが、折衝が長引き大家さんの我慢が限界に達し他社にも声をかけられてしまいました。依頼を受けた他社が間一髪入れず、AD付の広告をREINSに上げてしまうもんだから(この辺のやり取りは取引に詳しい方しか分からないかと思うのですが)鼻を利かせた間に入っていた仲介業者がADに惹かれて他社になびいてしまい訳の分からん交渉をしたのか、結局その話は崩れてしまいました。

その後は2社での募集になり、暗黒期間へ突入。いつの間にか二次広告が林立(ポータルサイトなどで同じ物件を何社も載せているアレ)してしまい、もうこれは退くしかないと諦めておりました。
同じ物件なのに条件がバラバラなの

そんな折に、今回ご縁のあった方より問い合わせがあり、交渉事はありましたが、良い方でしたし、これでOK出なければ撤退する覚悟で大家さんにお願いし、心よくOKいただき無事成約する事ができました。

お客様にお話を伺ったところ、物件広告がそれぞれ全く違う条件だったので半信半疑だったそうです。以前の高い時の家賃で出していた業者もおり、ウチがチョンボした広告を出しているんじゃないかと思われていたかもしれません(笑)問い合わせをして内見するまでに葛藤と勇気が必要だったとも言われていました。

二次広告はこう言う事が多々あるので、専任物件に関しては他社の二次広告を認めておりませんが、一般媒介の物件は他所でOKされたら管理ができないのでこんな感じになってしまいます。物件が決まらないと嘆いている大家さん。もしかしたら、ご自身の物件もポータルサイトなどにバラバラの条件で掲載されているかもしれませんよ^^

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top