下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

待ってました!下北沢名物、大阪屋のたこ焼きが帰ってきたよ!!

待ってました!下北沢名物、大阪屋のたこ焼きが帰ってきたよ!!

一番街からひとつ外れた路地にひっそり佇む、小さな古いたこ焼き屋さん「大阪屋」が惜しまれながら突然閉店したのが今年の1月のこと。「惜しまれながら」とはよく言いますが、実際あんなに惜しまれているお店を見たのは久々というぐらいの、大事件でした。

それがね!昨日!帰ってきたんですよ!下北沢に!!
pic20161204-138
北口を代表するサブカルチャーの殿堂、東洋百貨店の隣にできた「STUDIO B.US SHIMOKITAZAWA」。あの懐かしい赤ちょうちんは、ここでまた灯をともしていました。
pic20161204-140pic20161204-142
私が到着したのは14時23分。日曜の午後、昼食をとってお腹も落ち着いた頃、のはずですがお店の前は長蛇の列です。とりあえず私も並ぶことにしました。

店頭にはお客さまへのメッセージが。閉店の張り紙にたくさん書き込まれたメッセージ、読んでくれていたんですね。想いが届いてうれしいな。しばらくは8個入りのみ、一度の注文で2パックまでとのこと。
pic20161204-143
そうそう、これこれ。前のお店に掲げていた看板はちゃんと残っていたんですね。
pic20161204-144
以前と違うのは、お店の前に屋根があることと、小さなイートインスペースが併設されていること。食べていきます、と伝えるといつものパックではなくお皿に盛ってくれます。すでに利用者もちらほら。
pic20161204-139
奥には一番街で人気のパクチー&スパイスバル「hishimo」の姉妹店もあります。スープやサラダなどのお手軽エスニックに加え、ビールやカクテルも頂けるとのこと。たこ焼きにビール!最高!!
pic20161204-141
写真を撮ってもいいですか、と尋ねると「あたしを撮ってくれるの? 5センチのまつ毛付けてくればよかった」とお母さん。今のままで十分かわいいから5センチのまつ毛はやめておきましょう、たのむ……!
pic20161204-146
並んでいた方が話していたのですが、この鉄板はそれぞれ火加減が違って、段階ごとに火の入れ方を変えているのだとか。本当かな、だから大阪屋のたこ焼きはおいしいのかな。今度聞いてみようっと。
pic20161204-147
お皿にソースを塗って、たこ焼きにソースを塗って、トッピングの上からまたソースをかけて。むらなくおいしい理由は、ご主人の丁寧な心くばりにありました。
pic20161204-149
優しいお人柄が出ているような文字も素敵。「ヨロシク (・v・) 」かわいい。そうだった、マヨネーズ乗せていいか聞いてくれるんですよね、いつも。
pic20161204-150
「お待たせしてごめんね〜!」たこ焼きを購入できたのは15時03分、ちょうど40分待ちでした。それでも、待ち時間が帳消しになるぐらい大阪屋のたこ焼きが買えたことがとにかくうれしくて、早足で事務所に帰りました。
pic20161204-151pic20161204-153
これこれ、この味。とろりとしていながらも簡単に崩れることのない粘り。しつこくないソース。カリッと歯応えを残す天かす。この1年でもさまざまなたこ焼き屋さんが下北沢にオープンしましたが、この味は他の誰にも出せません。大阪屋さん、おかえりなさい!
pic20161204-157
ちなみに、旧・大阪屋の現在の姿はこんな感じ。また少しずつ、新しく生まれ変わっていく下北沢です。
pic20161204-154

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 氷を楽しむなら、北口のB.USで食べられるかき氷もチェックしておきたいところ。あの移転した大阪屋のところです。かき氷に大阪屋のたこ焼き、ビール。それがこのオープンテラスで満 […]

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top