下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

「不動産屋に行くなら朝がいい」? 物件探しスケジューリングのコツ

「不動産屋に行くなら朝がいい」? 物件探しスケジューリングのコツ

「新しい靴と引っ越しは口火を切るなら朝がいい」

……なんて言葉があるかどうか定かでありませんが(なぜなら今わたしが作った言葉だから!)、お部屋探しで不動産屋を訪ねるなら早い時間から行動し始めることをおすすめします。せっかくの休日かもしれませんが、午後から動き始めても良い結果を生み出せない可能性がある、というお話です。

朝がいい理由:部屋のフルスペックが確認できる

お部屋探しの中でも一番肝心なのが内見。実際にお部屋を訪ねてみて初めて気付くこともたくさんあります。どんな設備があるか、どんな生活ができそうかイメージを膨らませて隅々まで見るなら明るいうちが良いでしょう。採光の具合などを確認するのも内見の大切な役割ですから、せっかく東向き・南向きの日当たり良好なお部屋をチェックするなら西日の時間に行っては勿体ないです。

朝がいい理由:納得するまで物件を検討できる

内見は、往々にして1箇所では終わりません。大抵の場合、いくつかの物件を回って比較検討することになります。そうすると時間に余裕をもってお出掛けいただくのが良いと思います。店頭で希望や条件の相談をしてから内見を3〜4件、場合によっては他の不動産屋にもあたる可能性がありますから、半日コースで時間を作っておくほうが安心かもしれません。後の予定が詰まっていたり、閉店間際に相談に行くと納得できる物件を見つけられず出直すことになってしまう場合もあります。

朝がいい理由:近隣の散策ができる

新しいお部屋を選ぶことは、新しい街を選ぶこと。エリアを決めたら周辺環境もチェックしておきたいところです。いくらお部屋自体の住み心地が良くても、周辺環境が望むものでないと長く住みたいとはなかなか思えません。内見の後に近くの商店街や駅前周辺を散策してみてはいかがでしょうか。夕方や夜になると住宅地や公園なども散策しにくくなってしまいますので、不動産屋の訪問は早い時間に済ませると良いでしょう。

いろいろなご予定もあるでしょうし、夕方だから得られる発見もあるので遅い時間の訪問が絶対に悪いというわけではありません。ただ、早い時間にお出掛けになると物件選びにはメリットがたくさんあります。お部屋探しや不動産屋を予約する際の参考にしてみてください。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top