下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

洋食堂「Dill fait beau 16(ディル フェ ボーセーズ)」で手ごねハンバーグ

今日のランチは、このこじんまりとした隠れ家レストランに行ってみました。教えたくないお店、という感じの物静かな佇まい。どこにあるかご存じですか?

なんと一番街、「とよんちのたまご」の隣にあります。お店の看板が見当たらなくてあとで調べたら、「Dill fait beau 16(ディル フェ ボーセーズ)」というそうで。街の洋食屋さん、と紹介されていました。

ランチメニューは肉料理が中心。お昼からビーフストロガノフが食べられるとは贅沢ですね。冬の味覚・牡蠣や春野菜にも心惹かれましたが、家庭の味といえば、な洋食の定番・ハンバーグにしました。

柔らかい照明に照らされた店内はアットホームな雰囲気。カウンターがメインで、テーブル席が2つ。10名ぐらいで満席になりますが、席と席の間隔も窮屈さがなくゆったりとした空間です。カウンター席ではすでに常連さんと思しき方が白ワインをたしなんでいました。いいなあ、素敵な日曜日ではないですか。

きました!私のハンバーグ!小さなお茶椀にさくっとごはんが盛られています。お茶碗だったらお箸がいいな、と思ったらお箸がちゃんと出てきました。家庭感。

ハンバーグは、外側がこんがり焼けているのに中はふっくら。肉汁がじわりと出てきます。懐かしい味のソースも濃すぎなくてごはんに合います。あっという間にぺろりと完食してしまいました。

ハンバーグはごはんとサラダが付いて1,200円、かぼちゃのスープが付くと1,500円とのことでした。お腹いっぱい食べたいタイプには若干物足りないかもしれませんが、ゆったりした時間を楽しみたい方、ワインがお好きな方には良いランチではないでしょうか。他のメニューも気になるところです。ごちそうさまでした!

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top