下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

下北沢駅近くでも風通し良く快適に住みたい!「アベル北沢」201

今春にご紹介した下北沢一番街すぐの「アベル北沢」、これから2階のお部屋で募集が始まります。これがなかなか魅力的な条件揃い!下北沢駅周辺で一人暮らしを、と考えている方にはぜひおすすめしたい物件です。いち早くお部屋をレポートしたいと思います。

立地・アクセス

下北沢駅北口から一番街のメインストリートに出てすぐ、うぶたこが角にある変則十字路を直進します。

蕎麦屋「はんさむ」と洋品店「TARO’S HOUSE」の間を入っていきます。

ほどなくして右手にグリーンの鮮やかな建物が見つかると思います。ここがアベル北沢です。

下北沢駅からここまで、歩いて4〜5分といったところでしょうか。

玄関周りはすっきりと、安全面にも配慮された201号室

今回ご紹介するのは201号室。ピンクの手すりに沿って階段を昇り、3軒あるうち一番手前のお部屋です。

玄関を開けると土間はわりとコンパクト。

左手には5段のシューズボックスがあり、1段に3〜4足入るので玄関が散らかることを防げます。シューズボックスの上はインテリアを置くもよし、お出掛け前の身支度スペースとしてすっきり空けておくもよし。

光に背を向けるため暗くなりがちな玄関ですが、隣に窓があるので風や光を取り込むのに最適です。

オートロックなどの設備はありませんが、インターホンにはカメラ付き。玄関まで出る前に室内で確認できるのは安心ですね。

居室に重きを置いた1K、サニタリールームやキッチンはコンパクト

キッチンはIHの1口コンロに小さめの吊棚、使いやすい範囲内でかなりコンパクトに設計されています。

収納もこのぐらいなので、あなたが料理大好きで食器や調理器具をたくさん持ち込みたいタイプなら少し窮屈かもしれません。

それでもシンクと調理台にある程度の広さが確保されているのは便利。調理を完全に切り捨てることなく、簡単な料理なら日常的にできそうなレベルのキッチンです。

サニタリールームはオーソドックスなバス・トイレ・洗面台の3点ユニット。目立った特徴はないですが、普段シャワーがメインでお湯張りは週末ぐらいかな、という生活の方にはこれぐらいがむしろ使いやすいかとも思います。

キッチンの隣には洗濯機置き場も。室内に置けるのは安心ですね。

住宅密集地にありながら明るい居室

居室は白をベースに、濃いめの茶色が効いた落ち着きのある配色です。手入れが行き届いているだけあって、築50年超とは思えない爽やかさ。

路地に面した角部屋ならではの二面採光でとっても明るいんです。しかも道路側はちょっとおしゃれな出窓になっています。

エアコンも新しいものに付け替えてあります。

アベル北沢の特徴といえば、リッチな収納。2階もやはりそのとおりで、奥行きのあるクローゼットは開くと段違いになっています。

秘密基地のような、一風変わったバルコニーもまた魅力

ちょっと面白いのはバルコニー。床から50cmぐらい上がった、普通の窓の高さなんですが、出られるようになっています(笑)。

目の前はお隣さんの屋根。さながら秘密基地か屋根裏部屋のようなワクワク感です。屋根と屋根の合間に空も見えます。雨樋が低いので背の高い方は頭を打たないようにご注意を。

もちろん物干し台も付いているので、物干し竿を用意すれば洗濯物はここに干せます。

室内との段差があるので出入りの際はお気をつけください。ちょっとした踏み台やミニ脚立があるといいかも。

また、注意するポイントとしてもうひとつ。玄関を出るとすぐ階段なので、出入りの際には足元にご注意ください。お隣の住人が通路を通られている可能性もあるので勢いよく開けないように。

 

個性もありつつ、基本的には立地面、設備面ともに不満のない好環境と言えるのではないかと思いました。下北沢駅を最寄として一人暮らしのお部屋を探している方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

今後情報を追加していきたいと思いますので、気になった方はぜひウィルステージまでお問い合わせください。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top