下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

うかい鳥山で雨のほたる狩り

うかい鳥山で雨のほたる狩り

先週のことになりますが、志村さんにうかい鳥山に連れて行っていただきました!

 

うかい鳥山があるのは高尾。下北沢から車で約1時間です。しかし、次の日は新たに出来た祝日「山の日」で、さらに三連休。そのままお盆休みに突入する方も多かったようで、道路がかなり混んでいました。結局、うかい鳥山に到着したのがラストオーダー10分前!

(ギリギリでいつも生きていたいから~♪)

きっとそれは少数。とりあえず間に合って良かったよ。スリル満点でした。

 

風情のある佇まいが出迎えてくれました。重みのある雰囲気に圧倒されます。

女将さんにお部屋まで案内していただく途中、川の上にかかった赤い太鼓橋を渡りました。周りにはもみじもあって、きっと秋はもっと綺麗だと思います。

ラストオーダー10分前でメニューをゆっくり見る時間はなかったので、コース料理と一品メニューをバーっと注文しました。

 

注文して一息。周囲を見渡してみる。テーブルの真ん中には囲炉裏がありました。

部屋から見える風景。情緒溢れます。

この日は雨が降っていましたが、濡れたことで緑がしっとりとし、水面が揺れて、より趣のある景色でした。まさに山の奥の秘境です。

 

最初に来た枝豆とじゃがいものバター添えは写真を撮るのを忘れてしまいました。

それより何より、枝豆とじゃがいもの金額の差です。

ポテトのバター添え 380円(屋台だと500円くらいするし、まぁ妥当かな)
枝豆 800円(高ッ!)

800円の枝豆って初めて食べた気がする。枝豆の金額で、じゃがいものバター添えを二つ注文できてしまいます。食べてみたら、このじゃがバターがとても美味しくて、みんなで一個しか注文しなかったんですが、1人一個注文すれば良かったと後悔しました。

 

長芋そうめん

長芋そうめんの下にあるのは豆乳豆腐です。普通の豆腐よりもっちりと弾力がありました。お皿も涼しげです。

 

いちじく白酢掛胡瓜

 

冬瓜小芋鴨ロース生姜

綺麗な黄緑色の冬瓜でした。とても柔らかかったです。

 

鶏つくね汁

山の中なので意外と涼しく、雨も降っていたので肌寒いくらいでした。涼しい食べ物が続いて寒いな~と思っていたところに、温かいつくね汁がきました。私の気持ちが見えているのか?と思うくらいスマートにスムーズに、欲しいものがやってきました。

 

川魚塩焼

鮎の塩焼きです。シンプルに美味しい。志村さんは頭まで食べていました。

 

牛串鶏串朴葉焼 焼野菜二品

牛串と鶏串、アスパラガス、しいたけ、ささみの朴葉焼き、つくねは追加しました。

タレにつけてもう一度焼くと、照りが出ます。

周りにあるのが朴葉焼きです。初めて食べました。朴葉味噌が入っていました。味が濃い目なのでご飯と合いそうです。

 

鶏そぼろわっぱ飯

〆のわっぱ飯には、お味噌汁と漬物も付いてきました。すでにお腹はいっぱい。優しい味のそぼろでした。

 

水ようかん

もみじが一輪乗った水ようかんをいただいてフィニッシュ。とても満腹になりました。やっぱり、じゃがいもはみんなで一個で良かったです。

 

食べ終えて、ほたるを見に庭園に出ました。ほたるは写真NGです。

雨が降ったのでほたるは隠れてしまったかなと思いましたが、意外と居ました。目を凝らすと、暗闇の中にほのかな光が付いては消え、消えては付いていました。ただ光っているのではなく、意味があって光っているからか、綺麗に見えました。

花火、蝉の声、ほたる。刹那的なものは美しいですね。そういうものは夏に多いからか、夏自体が短いからか、夏の終わりって切なさを感じます。ほたるは星のようでした。

部屋に戻る途中、鮎屋がありました。さっきの鮎はここで焼いていたのかな。

受付近くに本格的な囲炉裏がありました。

入り口付近にはこんな灯篭が。月の形に光っていました。

 

異空間。別世界。そんな言葉が浮かびます。とても素敵な空間でした。

目も喜ぶ、舌も喜ぶ。まさに至れり尽くせり。ご馳走さまでした!

 

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 去年初めて伺ったうかい鳥山に今年も行ってきました! […]

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top