下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

南口が消える?工事いつ終わる?下北沢駅はこう変わります(2017年10月版)

「来るたびに通路が変わってて分からなくなる!」「全部同じ仮囲いの景色でどこに居るか分からない!」

そんな声が下北沢に来た人から続々聞こえる今日このごろ。毎日のように下北沢駅を利用する私たちでさえ、ぼーっとしていると「あれ?こっちで合ってるっけ??」と迷子になりかけることがあります。長い長い改修工事、いつ終わり、どんな姿に生まれ変わるのでしょう?公開されている情報をざっくりまとめてみました。

Q: 南口がなくなるって聞いたけど本当?いつなくなっちゃうの?

本当です。でもすぐじゃないですよ!

下北沢の玄関口としておなじみの南口(厳密には「仮南口」なのだそう)ですが、2018年3月以降に廃止となることが決まっています。

現状としては「おなじみの出口がなくなる」というよりも「出口が(一瞬)増える」ということを皆さんにお知らせしたいところです。

Q: 新しい出口って何?どこにできるの?

新たな出口は「南西口(なんせいぐち)」といいます。南口にある大きなショッピングビル「Recipe下北沢」のちょうど裏手にあたる所に追加されます。

先日の記事「10月28日(土)に下北沢駅南西口が完成予定!」より。アイシティの看板のビルがRecipe下北沢ですね。昔から下北沢に親しみある方ならご存じ、西口と南口を結ぶ通路が(ある意味)復活する、と言っても良いのかもしれません。来週、10月28日(土)の始発から利用開始とのことです。

そしてこの南西口開設に伴い、下北沢駅の地上1階にトイレができます。下北沢お腹ゆる難民の皆さん、お待たせしました!もう「地下3階ホームの果てまで行けってもうトイレ行くなってことかよ」「西口ってどこだよ」と絶望を感じなくて良いのです!!!(ちなみにこちらのトイレは既に利用可能です。みんなトイレに急げ!!)

Q: で、工事はいつ終わるの?

小田急線の複々線化(緩行線と急行線を分けるなど、同時並行して複数の電車が走れる状態にすること)が完了するのは2018年3月の予定。そして下北沢駅の新駅舎が完成するのは2019年3月の予定、と現時点ではアナウンスされています。あと1年〜1年半ぐらいは仮囲いの下北沢駅、ということになりそうですね。

駅周辺でも、小田急線が地上を走っていた跡地の工事がまだ途中ですね。整備・再開発についてあれこれ議論されていましたが、駐輪場や緑地を作るということで世田谷区が整備を進めているようです。が、こちらについては完了の目処がたっていないようです。

立体緑地って何だろう。ストップしているわけではないようなので、引き続きレポートに注目していきたいところです。

ちなみに……

情報元として、小田急電鉄が運営する『シモチカナビ(小田急線地下化工事情報ステーション)』を参照させていただきました。

現在、年内までの情報を中心に掲載されていて随時更新されていく模様。下北沢駅を中心に、小田急線の近隣駅では冊子版も配布中のようなので、見かけたら読んでみるのもいいかもしれません。

私たちも引き続き街の変化としてウォッチを続けていこうと思います。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top