下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

フライパンでクリスマス★20171225

フライパンでクリスマス★20171225

昨日はクリスマスでしたね。フライパンもクリスマス限定メニューを多数取り揃えているということで、ウィルステージも乗り込みました!

 

クリスマス限定メニュー

ちょうどクリスマスで、クリスマス限定メニューが充実していたのでこちらを多めにオーダーしました。

 

モエシャンドン ロゼ

良質なワインを仕入れたとのことで、クリスマスなのでシャンパンを一本開けました。「ロゼ」というだけあって綺麗な淡いピンク色のシャンパンです。

 

北海道産大きな殻付き生ガキ

まずはサッパリと生ガキ。ビッグなカキです。

海水のジュレと岩のりと一緒にいただきます。

つる~んと食べられました。のどごしさわやか!

 

カリフラワーのムース

カリフラワーをムース上にし、カクテル風に仕上げたお洒落な前菜です。

下からカリフラワーのムース、コンソメのジュレ、ズワイガニの三層になっています。

てっぺんには黒く輝くキャビア、シーアスパラガスが添えられていました。

カリフラワーのムースってどんな味だろう?と思いながらスプーンで掬って食べてみたら、ほのかにカレーの味がしました。カリフラワーの味はあまりしなかったのでカリフラワーが苦手な方も美味しく食べられます。風味よりも食感を重要視したのかも知れません。ふわふわの食感で雲を食べているようでした。

カリフラワーをムース状にするとこんな風になるんだ~と新鮮でした。

 

蔵王牛 赤身モモ肉のタリアータ

炙った赤身肉に、チーズ、チコリ、ルっコラを和えたサラダです。スライスされたチーズと一緒に食べると、口の中でチーズが溶けて丁度良い按配になります。柔らかくて美味しかったです!ソースとも相性良し。

かつおのたたきなど、表面が炙ってある料理が好きな人は好きな食感です。

 

ウフムーレットとツブ貝のカヌレ

アフタヌーンティーでカヌレを食べたら『こんなに美味しいのか』と感心し、それから好きなお菓子です。それまで知りませんでした。うねうねときのこのような形でかわいいです。

こちらはブルゴーニュ地方の郷土料理ウフムーレットです。赤ワインのソースに温玉を落とした料理だそうです。さらに大きなツブ貝入り。温玉を破って、バジル?とツブ貝入りのカヌレを浸していただきます。

スタッフの方の自信作と聞いていただけあって、かなり美味しかったです!このカヌレを10個くらい食べたいです。カヌレのみで販売しても人気が出そうだなと思いました。

 

蔵王牛ハンバーグステーキ ロッシーニ風

マッシュポテトの上にハンバーグステーキ、その上には大きなフォアグラがどーんと乗っていました!さらにスライストリュフが散りばめられていて、まさに贅沢の極み。

遺跡か何かかと思いました。

大迫力!蔵王牛のハンバーグは通常メニューにもありますがさらに重装備で出てきました。お皿を揺らすとフォアグラがぷるぷる震えるんです。

こうして写真を撮っている間にもフォアグラの脂が溶けてハンバーグの表面を滑り落ちていきます。

下のマッシュポテトには葉が添えられていて、大根やカブのように見えました。

カパッ!

この輝き…!夜中に見てはダメですね。マッシュポテトが名脇役です。

 

活オマールエビのポワレ

真っ赤なオマールエビが豪快に乗って出てきました。ひげ!ハサミ!尾!全部ある!

手前のハサミは殻が取れています。なのですぐ食べられました。どうやってこんなに綺麗に取り出すんだろう?

オマールエビの下にはアメリケーヌソースとポルチーニ茸のリゾットが潜んでいます。

オマールエビの身をほぐしてリゾットと一緒にいただきました。ポルチーニ茸の香りと、きっと出汁に丸ごと使っているであろうオマールエビのコクが効いており、芳しかったです。みんな好評でした。

 

通常メニュー

通常メニューもいくつかいただきました。

自家製ササミのジャーキー

お決まりの一品。むにむにしてて不思議食感!

 

ほうれん草とベーコンのキッシュ

ほんのりバターの風味が良い感じ。またとうもろこしのキッシュも楽しみです。

 

チーズの盛り合わせ&ドライいちじく

ブルーチーズ、カマンベールチーズ、ミモレットチーズ?の盛り合わせ。真ん中にあるのがドライいちじくです。

 

下仁田ネギポワロヴィネグレット? 生ハム添え

旬の下仁田ネギをいただく。柔らかくて食べやすい。ネギが苦手な方にもオススメできます。

 

トリッパのトマト煮込み

こちらもあればいつも頼んでしまいます。クセのある味なんですが、ハマるんです。

 

ウニ風味のカルボナーラ 海老!ベーコン!温玉!最高!!

(↑メニュー名をそのまま書いています。)

こっくりとした色味のカルボナーラ。やっぱり味もこっくりだった!

温玉を破るとこんな感じ。海老がぷりぷりで美味しかった。

ウニが入ることにより、普段のカルボナーラよりもさらに数段クリーミーでした。もはや特濃です。

しかし、みんなすでに満腹。志村さんでさえ満腹だったようです。こちらが〆の料理でしたが全て食べきれずにギブアップしてしまいました・・・すみません。

 

今更ながら、よく食べました。笑 色々と欲張ってしまい、いつも〆にいただいているデザートは食べられませんでした。

お土産にビーフカツサンドのハーフをいただきました。(満腹でもそれは頂くんかい!)夜は入らなかったので朝いただきました。

 

美味しかったです!岩城さん、フライパンのスタッフのみなさま、志村さん、ごちそう様でした!!

 

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top