下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

「悪童処」は永遠に。真夜中の駄菓子屋、閉店

「悪童処」は永遠に。真夜中の駄菓子屋、閉店

一番街の端で夜になるとオープンする、大人のための駄菓子屋さん「悪童処(わるがきさろん)」。怪しい佇まいは少しおっかないけど気になってしまう、このお店。行ったことはありますか?

ここの名物おいちゃん・東九条阿洞さんが昨年暮れの12月15日に亡くなったそうです。今日通りかかってこの張り紙に気付きました。

何年前だったか、一度だけ私もお邪魔したことがあります。「あの有名人は俺が育てたようなもんだ、あのミュージシャンは今でも俺のところに悩み相談に来る」と嘘かまことか分からない武勇伝を延々と聞かされ、「これは朝まで終わらないんじゃないか」と逃げるように店を出た覚えがあります。うっとうしかったけれどやっぱり気になるもので、「まだあんなこと言ってんのかな」「あれは本当だったのかな」と時折思い出しては通りから店を覗いていました。そうか、もう武勇伝をうっとうしがることもできないのか。

お店は店主死去に伴い閉店となりましたが、公式ブログでは息子さんの呼びかけで「偲ぶ会」が開催されるとのアナウンスがありました。

故人のご冥福をお祈りします。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top