下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

意外とない!下北沢で50平米を超える貴重な大型物件特集

意外とない!下北沢で50平米を超える貴重な大型物件特集

以前ほどではなくなりましたが、下北沢は依然として単身者向き物件が主流です。市場の6割強がワンルーム、1Kなどの間取りを占めています。

若干人口動態が変わり、以前の20代後半~30代前半に賃貸需要が増えたことに伴い、2人入居が出来る物件が増えつつあります。それでも40平米が頭打ちで、50平米を越える大型物件は中々ないのが現状。これは、供給側、貸す立場からすると、50平米以上の物件は需要があるかどうか分からないため、新たに建てる際も避けられがちと言う背景があります。

そんな貴重な、中々巡り合えない大型物件。たまたまではありますが、現在ウィルステージの取り扱っている物件で、賃貸物件としては大きいお部屋に空きが出ておりますので、まとめてご紹介します!

 

バウハウス秋城 302号室

バウハウス秋城302号室の広さは約55平米!3DKで、洋室2部屋、和室1部屋のご用意です。間取りはこんな感じ。

ダイニング部分の他お部屋にそれぞれ収納スペースが用意され、水周りスペースもバストイレ別、脱衣所には洗面台完備と機能が独立して確保されています。二人入居だけでなく、ルームシェアにも向いている間取りです。

または、4帖の洋室部分をウォークインクローゼットのような衣裳・物置部屋として活用するのも良さそうですね。

ダイニングから見た室内の様子。

三軒茶屋と下北沢の中間にある物件です。駅チカ物件には該当しませんが、自転車やバイク、車で移動した方が、駅の近くに建つ物件よりも交通の便が良い場合もありますよね。こちらの場所からなら、自転車やバイクを使えば他の市街地へもすぐです。足代わりとなるバイクや自転車を停めておくスペースも多く設けられています。

icon-check-circleバウハウス秋城302号室の詳細をチェックする

 

太郎ハウス

太郎ハウス1階の広さは70平米を越えます。3LDKとなり、洋室2部屋、和室1部屋の構成です。

太郎ハウス1階のキッチンスペースはほぼ独立して存在しており、L字型キッチンの横には食器棚が備わっています。食器棚を購入する必要がありません。そしてL字型キッチン!賃貸マンションでL字型を備えているものは中々ありません。

リビングダイニングは12.5帖です。ソファを置いても十分ゆとりがあります。窓から見えるお庭の使用は、1階に住まわれた方の特権。ガーデニングや家庭菜園、洗濯を干す時など自由に使用していただけます。

レンガ調の外装、庭付きワンフロア、ゆとりのあるスペースがなんとものどかな雰囲気。事務所使用も可能です。

icon-check-circle太郎ハウス1階の詳細をチェックする

 

セイボリー淡島401号室

セイボリー淡島の最上階のお部屋401号室は、約95平米!3LDKでそれぞれのお部屋の広さは不揃いです。リビングで大半を過ごすイメージでしょうか。キッチンもカウンター式で、料理をしながらリビングの様子をチェックすることができるので、セイボリー淡島はファミリー向けです。3帖の洋室は物置スペースとして活用できそうです。

リビングの様子がこちら。広い!!バルコニーもたっぷりあるので、洗濯物が溜まってしまっても対応できますね。同時に布団なども干せます。

最寄り駅は池ノ上なので、ギリギリ下北沢エリアの物件です。でも、池ノ上って静かで穏やかでけっこう住みやすいんですよ。(体験談)淡島通り近くの物件なので、三軒茶屋や渋谷も近いです。

icon-check-circleセイボリー淡島401号室の詳細をチェックする

 

前田マンション302号室

+αで代田橋の物件も合わせてご紹介。

約57平米の賃貸マンションです。間取りは1LDK。LDK部分がとても広いです!

こんな風に洋室の扉を解放すればほとんど一室のようになります。間仕切りでお部屋を区切ったり、一つにしたり自由度の高いお部屋です。事務所兼居住用としても使い勝手が良さそうです。

お部屋が広いのはもちろんのこと、キッチンのデザインもかわいいんです。キャラメルのような明るいブラウンにアンティーク調のタイル、たっぷり差し込む光。ジブリのワンシーンに出てきそうです。シンク、キッチン台のスペースもしっかり確保され、2口ガスコンロの他グリルも完備と機能性もバッチリです。

302号室に入居された方には屋上スペースも使用していただけます。

icon-check-circle前田マンション302号室の募集状況をチェックする

 

今年は少し梅雨入りが早いみたいですね。またあのじめじめした季節がやってくると思うとちょっと憂鬱です。

梅雨入り後に雨の中内見をするより晴れた日の方が気持ち良く内見できると思うので、気になる物件がありましたらお早めにお問い合わせ下さい!

icon-check-circleその他の募集物件をチェックする

 

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top