下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

ヒヤエドって?下北沢の夏を支えるソウルフードを求め「珉亭」へ

ヒヤエドって?下北沢の夏を支えるソウルフードを求め「珉亭」へ

南のほうから少しずつ梅雨前線が近付いてきているようですが、日曜日の下北沢はじわりと蒸し暑い晴天でした。身体がだるく何も食べたくないようなこんな日は、さっぱりツルッと食べられるものが恋しいですよね。

私が出かけたのは「珉亭(みんてい)」。街の人々はもちろんのこと、多くの俳優やミュージシャンにも愛されてきた、下北沢で知らない人はいない老舗中華料理店です。

>> 夏でも冬でもやってます、「珉亭」の冷やし中華

以前「冷やしそば」をレポートしたことがありましたが、より珉亭の味らしいのはヒヤエドではないでしょうか。

そう、珉亭定番メニュー江戸っ子ラーメンの冷やし版、「冷やし江戸っ子ラーメン」です。

コシのある細麺、特製チャーシュー、きゅうり、刻み海苔は変わらないのですが、キムチならぬ珉亭名物「辛白菜」が乗っているのがポイント。醤油ベースの江戸っ子ラーメンスープに軽く甘酢の冷やしアレンジが施されています。辛白菜とツルツル細麺の組み合わせは盛岡冷麺にも少し似た感覚。暑い夏場でもスルッと喉を通ります。チャーシューが油っこくなくてなおかつ柔らかくて、これに練り辛子をつけて食べるのがまた最高。

もっとも、冷やしメニューが年中食べられるのが珉亭の特徴ですから、珉亭にしてみれば夏の風物詩というわけでもないのですが、やっぱり夏になると恋しくなるんですよね。突飛な味ではないものの、時々食べたくなる、つい頼んでしまう。「下北沢夏のソウルフード」に認定したくなる味です。

というわけで、もうすぐやってくる夏。暑さに負けず、食で英気を養って乗り切りたいですね!

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top