下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

焼きそば欲が満たされる! エモーショナルな夏の味を丁寧に再現「東京焼き麺スタンド」

焼きそば欲が満たされる! エモーショナルな夏の味を丁寧に再現「東京焼き麺スタンド」

週末を騒がせる台風予報が気になるところですが、下北沢は今日も良い天気。何気なく撮った駅の写真も、まるで新海誠のアニメのようです。西口前に佇むおじさんがなぜか合成画像のようになってしまった(実在です)。

今日は行きたいお店があったのです。下北沢西口にある「東京焼き麺スタンド」。

6月初旬に「ここは何のお店になるんだろう?」と記事を書いた、あのお店が7/1にオープンしたと評判を聞いて行ってみることにしました。

「とびら」の内装とは打って変わって、店内は至ってシンプル。塗り壁に厚みのある木のカウンターと、6名分のテーブル。全部で12席程度でしょうか。入ってすぐ、正面の食券を購入してスタッフさんにお渡しします。

メニューはスーパー焼きそば、辛ウマ焼きそば、激辛焼きそばの3種類(現在開発中のメニューもあるとのことで楽しみ!)。具や麺の増量ができますが、そこまで含めても1,000円以内に収まりそうな良心価格。紙幣はスタッフさんのご厚意で両替していただけました。

初入店ならオーソドックスにスーパー焼きそばを頼むべきでは……と思ったものの、辛いもの好きとしては唐辛子の写真を見逃すわけには行かず「辛ウマ焼きそば」を注文しました。ソフトドリンクはコーラと烏龍茶の2択ですがサービス中とのことだったので烏龍茶を頂きました。

カウンターにはやげん堀の七味唐辛子と、線状に出る辛子マヨネーズ。店内のあちこちに配置されているロゴマークがシンプルながらすごくかわいいです。

やってきました、これが辛ウマ焼きそばです。写真を掲載してみて気付きましたが、写真だけ見ると超フツーですね……焼きそばっていうのもそんなに手の込んだ料理って感じじゃないし。

しかしこれが意外や意外、芸の細かい旨さに圧倒されます。

喫茶店のナポリタンぐらいの中太麺は弾力のあるモチモチ感。鉄板焼きなのでしょうか、おこげ麺が時折混じっていて歯ざわりが楽しいです。大ぶりの豚バラが固すぎずプリプリなのも、丁寧だなあ、と。

辛さの由来は胡椒なのでしょうか? 辛ウマの時点でしっかり辛い。これは激辛が少し心配になるレベルです。おいしい辛さをお求めの方は辛ウマで良いと思います。そしてその辛さに程よいバランスの甘みを添えるのがキャベツと目玉焼き。目玉焼きはもう少し生のほうが、とも思いましたが固まった黄身の魅力も捨てがたいですね。悪くないです。

ボリューム少なめに見えますが、麺の食べごたえもあってわりとお腹が満たされました。ごちそうさまです。

そういえば焼きそばって、お祭りの屋台とかバーベキューとか、夏の風物詩のひとつでしたね。かといって屋台の焼きそばは結構当たり外れがあるし、バーベキューなんてそんなに行かないし、焼きそば欲を満たしてくれる場ってなかなかない、という。無性に焼きそばが恋しくなったときは東京焼き麺スタンドを訪ねてみてはいかがでしょうか。すっかり忘れていた夏の味を思い出し、新海誠さながら、ちょっとエモくなる夏の午後でした。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top