下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

真龍寺と昭和信金の取り壊しで変わる、一番街の景色

真龍寺と昭和信金の取り壊しで変わる、一番街の景色

先日も、下北沢の街中で始まっている改装工事とあわせてご紹介した真龍寺取り壊しの件。

気になる張り紙を見つけました。あれ、「真龍寺入口」と書いてあります。

地図の通りぐるりと反対側へ回ってみたら、ありました。真龍寺、どうやら少なくとも寺務所は下北沢に残っているようです。今日はご挨拶に伺ったわけではないので詳細を確認していないのですが、もしかしたらご本尊も一時的に小田原へ帰られただけで、また帰ってきたりするのかしら……?

来年の天狗まつりがどうなるのか、ずっと気になっている今日この頃。また新しい情報を入手したらお知らせします!

そして、真龍寺の隣にある昭和信金の北沢出張所。こちらも取り壊しのため営業終了が発表されていました。

9月いっぱいとのこと。下北沢には本店もあるのでそこまで困った事態にはならないと思いますが、一番街や鎌倉通り方面の方々にとってはちょっと遠くなりますね。

老朽化が理由ということは、そう遠くないうちに取り壊しも想定されます。一番街のちょうど真ん中あたりにある真龍寺と昭和信金が消えるとなると、かなり一番街の景色も変わりそうです。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top