下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

入れ替わりの激しい下北沢、店舗アーカイブ(南口編)

入れ替わりの激しい下北沢、店舗アーカイブ(南口編)

入れ替わりの多い下北沢。毎日のようにこの街にいると、たった1、2年前の景色さえも思い出せなくなっていることがあって我ながら軽いショックを覚えます。

どんなお店があったっけな……南口エリアは飲食店が多いこともあり、特に目まぐるしい変化がありましたが印象に残っているものをいくつかピックアップしてみました。

千草(〜2013.03.31)

自然食の定食屋さん、という緑のひさし。私は入ったことがありませんでしたが、学生時代から見慣れていた景色だったので、閉店と聞いたときの衝撃はひとしおでした。いつか行こう、と思っているだけでは「いつか」は来ずに終わる。思えば下北沢で私が体験した初めての「閉店ショック」だったかもしれません。

松菊(〜2013.07.31)

ここも千草に続くように閉店しました。30数年ここで定食屋さんとして続いていたそうで、志村も通っていたそうです。でも、この後に入るお店がことごとく続かないんですよね。御家爺そばしかり、カツ丼屋しかり……最近また内装工事をしていたので近々新しいお店が入る模様。定着すると良いのですが。

アンゼリカ(〜2017.07.31)

アンゼリカ閉店は2017年重大ニュースのひとつでした。ご主人が亡くなりお店を続けていくことが難しくなったということで閉店になりましたが、発表があってからは連日大行列で、誰もが閉店を惜しんでいました。みそパン、カレーパンが2大名物でしたね。今はいろんなトッピングでコッペパンが楽しめる「パンの田島」へと生まれ変わり、親しまれています。

銀だこ(〜2014.05.25)

旧南口からまっすぐ茶沢通りへ下っていく、ビッグベンビルの四つ角には銀だこがありました。ここは結構入れ替わりがあったんですよね。銀だこの前は何だったかな……銀だこができて、銀だこハイボール酒場になって、銀だこカフェになって。先日まであった日乃屋カレーも突然閉店し、今は営業が止まっています。向かいにあった浜だこのあたりもかなり入れ替わっているし、角のやすべえも油そば屋さんになったし、この四つ角は随分景色が変わりました。

mois cafe(〜2018.05.31)

隠れ家カフェの代表格「mois cafe」も今年閉店。隠れ家というか、家でしたね……初めてここを訪ねたときのほっこり感は他で体験したことのない感覚でした。老朽化のため閉店とのことでしたが、南西口から非常に近いエリア。住宅地の一角ではありますが、この土地が今後どう活用されるのか気になるところです。

その他

写真が手元になかったのですが、「ぶーふーうー」の閉店もショックでした。下北沢でくすぶる駆け出しのミュージシャンや役者に遅くまでごはんを食べさせてくれる、若者のたまり場でした。今は焼肉屋さんになっていますね。1枚から注文できるそうです。

こちらも意外と写真が残っていなかった、「ケンタッキーフライドチキン」。2012年からは呑めるケンタッキーに業態変更していましたが、結局最後まであそこで呑んでる人を見なかったです(私だけかな)。今は磯丸水産を経て鳥良商店になっています。飲み屋なら飲み屋ではっきりしたほうがいいんだよ、やっぱり。

あと、個人的には裏通りのほうの「ハイラインレコーズ」閉店が残念でした。BUMP OF CHICKENのインディーズCDを買いに行ったのも良い思い出です。あのお店に代わるインディーズCDショップはまだ現れないですね。音楽業界の在り方が大きく変わったせいもあるのかな。

* * *

締めくくりに、代表・志村が8年前に書いた、閉店に関する記事をシェアします(今回の情報を集めていて見つけました笑)。何せ8年経っていますし、変わったところもあるかもしれませんが、言っていることは頷ける部分も多いと思います。

>> 潰してたまるか、お前のお店

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top