下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

入れ替わりの激しい下北沢、店舗アーカイブ(北口編)

入れ替わりの激しい下北沢、店舗アーカイブ(北口編)

入れ替わりの多い下北沢。先日も、珉亭が立ち退くの何だのとTwitterがにわかにざわついていましたね。

駅は着々と完成に近付いていますが、下北沢のエリア再開発はまだ進行中。どのお店がいつどうなる、とまでは分かりませんが、これからも移転や閉店の話は続々と出ることは想像に難くありません。

ウィルステージの周辺でも消えてしまったお店があります。いくつかピックアップしてみました。

大阪屋(旧店舗:〜2016.01.31)

たこ焼き屋さんの「大阪屋」はウィルステージのすぐそば、旧小田急踏切前にありました。にこやかな夫婦のコンビネーションも魅力の一つ、人柄とともに愛され、夕方になると小さなお店の前に長蛇の列ができたものです。建物の老朽化により惜しまれつつ閉店しましたが、北口と西口の間、東洋百貨店の隣にめでたく復活。現在はイートインスペースも設けられて、週末の午後などは特に賑わっています。ただ、ここも期間限定という噂がありちょっと気になっているところです。

とん水(旧店舗:〜2017.10.29)

夫婦で営む老舗といえば、一番街にあったとんかつの「とん水」閉店も大変な騒ぎになりました。表の看板も知人に譲渡されたようで、もうあの味は食べられないのか?と思っていましたが、こちらもめでたいことに同じく一番街の新店舗にて復活しました。ただ、ここは賑やかな駅前から離れており、半地下で少々分かりにくい立地。前の「餃子の村長」が長続きしなかったこともあるので個人的には少し気になっています。がんばれー!

ロケットチキン(〜2017.12.31)

ロケットチキン」はもう、ある意味語り継がれる伝説です……一番街にオープンして、1年も経たず閉店してしまいました。入りづらかったなあ……この前が「なんつッ亭」というスタミナ系のラーメン屋さんだったんですよね。今はテイクアウト専門のレモネードスタンド「レモニカ」へと生まれ変わって連日盛況のようです。

らぶきょう(〜2018.05.27)

あああ! 私のイチ押しらぶきょう!!(泣) 初めて行ったときは北口駅前食品市場でした。取り壊しに伴い移転して一番街の青栁ビル3Fへ。小さなビルの一角に突如として現れるアジアンな空間とエスニック料理、一番街を見下ろす景色も好きでした。閉店がアナウンスされ、噛みしめるように最後の味を頂いたのでした。今秋からはミュージックバーが入るそうです。どんな雰囲気かな、ちょっと気になってます。

悪童処(〜2017.12)

一番街の端にあった真夜中の駄菓子屋「悪童処」。日が暮れてからオープンし、一癖も二癖もあるマスターが夜な夜な自慢話をしたり、お客さんの悩みを聞いたり。不思議な店だなあ、と思っていたら、足が遠のいている間にマスターが逝去され閉店していました。お店の佇まいは今も残っているだけに、「また開くんじゃないか」とどこかで思っている私がいます。

* * *

北口エリアは古い建物で長年やってきた老舗も多いので、移転して復活したパターンが印象的ですね。

皆さんも馴染みのあったお店は挙がっていましたか? 他にも思い入れのあるお店はあったでしょうか。次回は南口方面でピックアップしてみたいと思います。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top