下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

カラオケ冬の時代?駅前「ビッグエコー」は「カラオケマック」に業態変更

下北沢駅旧南口の正面にあるTAROビル地下1階のカラオケ店「ビッグエコー」が3月1日、同じく第一興商グループの「カラオケマック」へと生まれ変わってリニューアルオープンしました。

ブランド的にはカラオケ界の大看板ビッグエコーを擁する第一興商がカラオケマックを買収したという経緯があるので、ビッグエコーに塗り替えていくのがセオリーかと思っていました。しかしビッグエコーがカラオケマックになるとは。

ビッグエコーは確かなブランドがある一方で高値という印象もあるため、下北沢を訪れる高校生〜大学生ぐらいの若者をターゲットにするには安価路線のカラオケマックがフィットするのでは、という意図でしょうか。

カラオケ店といえば、1月には南口を茶沢通り方面にもう少し下ったところの「コート・ダジュール」が閉店しました。

現在は「快活リラックスルーム」に生まれ変わるべく5月のオープンを目指して改装中のようですが、このビルからは「セブン-イレブン」も「GRAND GLOBAL」も退去してしまったので、これからどうなるのかな、と内心ドキドキしながら見守っているところです。

いずれにしても厳しそうな身の振り方です……最近はカラオケ人気が下がっているのでしょうか。かく言う私もあまり行かないのですが。駅前ということもありますし、カラオケマックが定番店として定着することを願うばかりです。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top