下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

下北沢の新名所?「ソ連み」溢れる小田急線の壁画を見てきた

小田急線と京王井の頭線が分かれ、動線がすっきりした下北沢駅。

「まだ慣れない!」という困惑の声や「分かりやすくなった!」という喜びの声も聞こえる中、こんな話題がにわかに盛り上がっていたのをご存じですか?

その壁画があるのは小田急線改札内1F、中央口と東口の間です。

どーん。これが噂の「ソ連み」を感じる壁画!たしかにスカーフをかぶっている感じがソビエトっぽい。そう言われてみると、色味や構図もロシア・アヴァンギャルドの面影があるようなないような。

この壁画のモチーフは洋画家・宮永岳彦の観光ポスターとのこと。なるほど、それでロマンスカーや箱根ロープウェイが描かれているのですね。

日常的にアートがある環境ってとても素敵だと思うのです。音楽や演劇といったカルチャーが根付く下北沢ならなおのこと。新しい名物として長く愛されるといいな、と思いました。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top