下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

レモネード、タピオカ……流行の陰で一番街を悩ます「ある問題」

新店舗が続々とオープン、新しいビルも建設が進み日々賑わいを見せている一番街商店街。ウィルステージもその一角で営業をしております。

この商店街でいま一番のトピックは何かご存じですか?

実は、ゴミ問題なのです。

人気急上昇中のレモネードスタンドが昨春登場したことに始まり、最近のタピオカブームによって店舗が続々とオープン。街歩きに最適なドリンクが増え、賑わっているのはとても素敵なことなのですが、飲み歩いた後のプラスチックカップがそこかしこに捨てられてしまうという事態に悩んでいるお店が増えているのです。

特に自動販売機の前のペットボトル・空き缶用ゴミ箱はちょうどサイズが近くポイポイ捨てられがち。ただ、プラカップはフタが捨て口を塞いでゴミ箱を使えなくしてしまうのです。そもそも処分方法も違いますしね。

しもきた商店街突き当たりのファミリーマートでもこの掲示。ごみの持ち込みは基本的にNGです。それにジュースが残っていたり、氷が入ったまま捨てられたりすると片付けがつらいんですよね……。

弊社ウィルステージの前にも自販機がありますが、その裏のゴミ箱もこんな塩梅。缶でもペットボトルでもないし、ゴミ箱の中にすら入ってないし。これで「ちゃんと捨てた」気になられても困ります。

ドリンク屋さんがいなくなれば良いのでしょうか?言うまでもなく、そういうことではありません。訪れる人も暮らす人も楽しく気持ち良く過ごせる下北沢であるために、何か良い解決策はないかなあ。このところずっとそんなことを考えています。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top