下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

大家さんからいちごづくしのスイーツをいただきました★

大家さんからいちごづくしのスイーツをいただきました★

大家さんから、三軒茶屋にあるストロベリーカフェ「ICHIBIKO」のスイーツをいただきました!

ICHIBIKOは、いちご本来の美味しさを伝えたいという想いから誕生したいちごスイーツ専門店店内で販売されているスイーツはいちごスイーツのみというこだわりぶり!お店のトレードマークは、背中にいちごを背負っている鳥獣戯画に出てきそうなうさぎです。愉快そうに踊っていて、いちごが1個落っこちています。

じゃーん★ 赤っていいですよね。一番インパクトがあって、目に飛び込んでくる色です。

箱を開けたら、いちごの甘酸っぱい香りがふわっと広がりました。

まんまるな瓶のこちらはいちごのプリン

いちごってなんかむくちゃんに似ていませんか?笑

むくちゃんは果物が大好き。いつも果物への食いつきはこてちゃんよりむくちゃんの方が良いです。桃や梨など、目がありません。もれなくいちごも気に入ったようでした。

甘いいちごジャムと、バニラビーンズの香る濃厚なプリンの組み合わせがバッチリです★ビンがなんとなく勿体なくて、洗って置いてあります。ハーバリウムとか作ったらかわいいですね。

こちらはいちごのパンナコッタ。見て下さい、この輝き!

光を受けるとキラキラと光って、まるでルビーのようです。ICHIBIKOで使用しているいちごは宮城県山元町生まれの「ミガキイチゴ」ミガキイチゴは食べる宝石と呼ばれているそうです。

パンナコッタとプリンの違いは卵の使用の有無だそう。パンナコッタには卵は使用されていません。そのためか、プリンよりなめらかでとろっとした食感でした。杏仁豆腐が思い出されました。また、プリンのいちごソースは少々固めでジャムに近い感じでしたが、パンナコッタのソースはもっと柔らかく、ジュレに近い感じでした。プリンよりもみずみずしくとろっとしていました。涼しげで夏にぴったりなスイーツです。

食べるのが勿体無く思えるほどの発色と輝きです。

パンナコッタの甘みが控えめのため、いちごの甘酸っぱさが強調されます。パンナコッタがアボカドのような役割をしていました。(単体では味が薄めかも知れないけれど、味のついたものと一緒に食べると美味しさが増す)美味しくてあっという間に食べ終わってしまいました。

最後は、いちごのロールケーキ。こてちゃんも来ました。笑

「の」の字のようになっていてかわいい。

表面にいちごパウダーがかかっていて、生クリームの中にいちごが埋め込まれています。いちごを前面に押し出したスイーツというより、ほのかにいちごを楽しめるスイーツです。

 

キュートなその見た目から、いちごはファッションやアクセサリーなど、色んなデザインに取り入れられていますよね。近くで見ると、種が一個一個埋まっていて結構おぞましい絵なんですが、遠めに見ると、何故か分かりませんがかわいく見えます。かわいくて美味しいいちごは、中々多様性に富んだフルーツです。

ICHIBIKOには、いちごのフルーツサンドやいちごのソフトクリーム、いちごのかき氷など、他にも色んないちごスイーツがあるようなので(フルーツサンド大好き!)、今度足を運んでみようと思います。^^

美味しくいただきました!岩城さん、ありがとうございました♪

 

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top