下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

たむろ問題に一石?「新時沏」2Fにイートインスペースを拡充

一番街商店街に先日オープンしたタピオカ専門店「新時沏(シンジキ)」。駅方面から一番街に入って最初に目に留まるタピオカ屋さんだからでしょうか、オープンから2ヶ月近く経とうとしている今も、連日多くのお客さんで賑わっているようです。

ふとお店の上を見上げてみると、テーブルや椅子がきれいに並べられています。あれ?こんなスペースあったっけ?どうやらイートインスペースができた模様。

ちょうど先月末タピオカを買いに来たときは、この階段にダンボールが置かれていたので「2階はスタッフ用なのかな?使わないのかな?」と気にしていたところでした。これから夏本番、タピオカを買っても炎天下じゃこっちが干からびちゃう……と心配でしたがイートインスペースはうれしいですね。

暑さもさることながら、井の頭線西口近くのこの光景が気になっているというのも正直なところです。飲み歩くのもいいですが、飲食するとなると腰を下ろしたくなりますよね。しかしここはタピオカ屋さんの敷地ではなく、所有者は快く思っていないだろうな、と。まだ問題は起きていませんが、注意や警告が出るのも時間の問題かもしれません。

小田急線東口周辺のたまり場問題然り、ごみ箱問題然り、街の再開発とともに「街の使い方」もまた見直さなくてはならない時が来ているようです。

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top