下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

具がぎっしり!ずっしり!食べ応え抜群◎「NU BURRITOS」のブリトー

具がぎっしり!ずっしり!食べ応え抜群◎「NU BURRITOS」のブリトー

NU BURRITOSという新店舗が旧南口、レシピシモキタ近くの一角に出来たと聞いて、気になったので行ってきました!

入り口はレシピシモキタ側の路地にあるのですが、旧南口商店街の方が人目につくという理由からか、店舗の看板は旧南口商店街の方に出ています。1階にTHE ALLEY、2階にこななが入るビルの3階に「NU BURRITOS」はあります。以前は土日祝ランチライム限定だったようですが、現在は平日ランチも営業しているようです。この3階の店舗は、お昼は「NU BURRITOS」として、夜はカフェバー「喜家(きち)」としてシェアしながら営業しています。

細い階段を昇ると、途中こななの入り口があります。『ごめん、今日はこななじゃないんだ』とこななの店員さんの目を気にしつつ3階へ。細い階段を昇りきり、こんにちは~とおそるおそるお店に一歩足を踏み入れてみると、日射しがよく差し込む、クリーンでナチュラルな空間がありました。

まさに隠れ家的なカフェ。気持ちいい空間です。

メニューはこちら。ブリトーのほかボウルメニューもあります。ブリトーはシュリンプ、ビーフ、ジャークチキン、チキンの4種類。絶対どれも美味しいよね。私はビーフブリトーをテイクアウトすることにしました。ソースはフレッシュサルサとチミチュリというソースの2種類からいずれかを選べます。チミチュリってどんなソースですか?と聞いたところ、パセリとニンニクのみじん切りを塩、ビネガー、オリーブオイルで和えたものだそう。多分食べたことないなぁ。

気になったのでチュミチュリソースにしてみました。ちなみに、フレッシュサルサソースは辛くないそう。辛さを付け加えたかったらハラペーニョをトッピングするのだそうです。

作ってもらっている間、店内をチェック。

綺麗に整頓してあるものの、そこはかとなく漂うワイルドでアメリカンな雰囲気。決して広い空間ではないものの、調理しやすいように工夫して整頓されているんでしょうね。この決めすぎずリラックスした感じ、良いですね。

NU BURRITOSは、バンド「SHADOWS」のギタリストであるKAZUKIさんがプロデュースしているそうです。その界隈ではきっと有名なんだろうなぁ。

調味料も一通り揃っているので、もっと辛くしたい、もっと酸味を効かせたいと思ったら自分好みに変更可能です。

そうこうしているうちに、ブリトーが完成。ほくほくしながら事務所へ帰りました。

じゃーん! 予想より大きくて重い!ずっしりしています。

私の手と比べると、これくらいの大きさです。

ガブッとかぶりつくと、すぐに中に詰め込まれた具が顔を出しました。ひよこ豆、みじんぎりの玉ねぎ、ビーフ、コーン、ライスなどなどいろんな食材がぎっしり詰まっていて、みんな一緒になって美味しいハーモニーを奏でます。美味しい~♡チミチュリソースのビネガーやニンニクも効いていてグッド!さっぱりとしつつもパンチのあるソースです。

もぐもぐ。美味しくてどんどん食べ進める。

もぐもぐ。途中経過。(齧った断面図でお見苦しくてすみません笑)

どこまで食べ進めても、終わりが近づいても具がしっかり入っている・・・!

端っこまでしっかりお肉やライスが入っていることに感動しました!はじっこにはほとんど具がない食べ物もあるじゃないですか。ちょっと残念というか、悲しいんですよね。薄い生地を齧るしかない時。でも、NU BURRITOSのブリトーはそんなことありませんでした、最後まで具がしっかり入っていて、どこまでも同じ太さで食べ応えがあります。

是非、みなさんも食べてみて下さい♪ ご馳走さまでした!

 

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top