下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

宮鍵が閉店、10月上旬に居酒屋へとリニューアル

下北沢一番街のおでん店「宮鍵」が8月末に閉店しました。

おでんの専門店として64年の長きに渡り愛されてきたお店でした。下北沢を代表する古き良き風景のひとつでもありましたが、店舗の老朽化、また店主がご高齢ということもあって、今春から新たな借り手を探していました。

7月に借り手が決まり、内装計画も目処が立ったため、8月にひっそりと幕を下ろした宮鍵。最後ぐらい盛大に新たな門出を見送りたい気持ちもありますが、そっと後続に道を譲る静かな引き際には、宮鍵さんの佇まいにも通じる美学を感じました。かっこいいです。

さて、気になる次の借り手は居酒屋に決まりました。さっそく内装工事を開始しており、10月上旬にはオープン予定とのこと。どんなお店が新しい時代を築いていくのか楽しみです。宮鍵のご主人、お疲れさまでした。

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top