下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

ホテルと民泊のいいとこどり宿泊施設イリー下北沢、12/5(木)OPEN!

ホテルと民泊のいいとこどり宿泊施設イリー下北沢、12/5(木)OPEN!

先日、ネットを見ていたらこんな記事を見つけました。

カルチャーが交錯する街・下北沢に、ミレニアルのための宿泊施設が誕生。「illi Shimokitazawa(イリー シモキタザワ)」2019年12月5日(木)グランドオープン。

へー、そんなものが下北沢にできるんだ!しかも12月5日オープンってもうすぐじゃん!

どこに出来るんだろうとチェックしてみたところ、玉井屋近くにできた大きなビルの3階~6階でした。古着屋「GASLAMP SQUARE」が入っているビルです。確かに、古着屋は建て替え後にすぐ決まったけど上階は不明でしたもんね。

 

見に行ってみました。(今日はとってもさむいですね)

うおお~、改めて上まで見てみても高い!

ビル入り口をチェックしたところ、3階~6階にイリー下北沢と明記されていました。

しかし、中の様子が全く見えない!当たり前というか、宿泊施設が外から丸見えだったらそれこそ問題ですね!笑

そのため、上記のURLから得た情報の提供になってしまいますが、イリー下北沢はワンフロア一部屋タイプの間取りで、各部屋6人まで宿泊可能だそう。広さ50平米以上の広々とした空間は、仲間同士で同じ空間や時間を共有できるように、トイレやバスルーム以外に仕切りを設けていないそうです。まさにワンフロア。

下北沢ならではのカルチャーを反映し、レコードプレーヤーとコーヒーミルが各部屋に設置されており、街でレコードやコーヒー豆を調達して楽しむことができるのだとか。

 

ターゲット層はミレ二アル世代(調べたところ、平成初期(1989年~1995年)に生まれた世代のことを指すそう。)。ミレ二アル世代が他の世代に比べ、旅行中の体験を友人や家族と一緒にシェアできるグループ旅行を好む傾向にあり、また、チェックイン方式を24時間対応のセルフチェックインと簡素化する一方で、内装はスタイリッシュで居心地のよいデザインに、アメニティは一式揃えるだけでなくメーカーにこだわるなど、ミレ二アル世代が求める、ホテルのホスピタリティと民泊の自由と気軽さを兼ね備えた宿泊施設に仕上げたそうです。

私自身ミレ二アル世代ですが、確かに上記はミレ二アル世代の特徴を得ているなと思う一方、一口にミレ二アル世代と言っても色んな性格の人がいて、静かな時間やプライベートな空間を好む人もいます。なので世代を問わず、みんなでワイワイ楽しい時間を共有したい人々にオススメの宿泊施設ですね。

また、海外旅行者にも喜ばれる施設なりそうだなと個人的に思います。駅チカですし。
予約はAirbnb、Booking.com、Expediaで受け付けているそうです。

 

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top