下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

ユニークな店主と本格派スパイスカレー「TOKYO SPICE CURRY 赤と黒」

都から発せられた外出自粛要請により、良い天気の週末だというのに閑散とした下北沢。

でも、そっと路上に出されている「OPEN」の文字を私は見逃しませんでした。SNSで情報を見かけて気になっていた「TOKYO SPICE CURRY 赤と黒」です。

南口商店街のマクドナルド前から茶沢通り方面へ下る途中、ミネ薬局の処方せん受付の脇を地下にくだった地下1階にあるのだとか。このビルは入ったことがないなあ。

たどり着いたのは趣のあるバー。夜はライブバー「下北沢Wasted Time」として営業しているフロアを使って、昼間だけ営業する「間借り」カレー屋さんです。

何かの縁でもなければ、なかなか自分から入るような機会もないお店に、お試し感覚で入れるのは間借り店舗の楽しいところ。店内はカウンター席とソファ席のこじんまりとした様子で、洋酒の瓶やダークトーンの内装が夜の雰囲気を醸し出しています。

メニューはこちら。どれもスパイスが効きそう!迷った末、黒のカシミールカレーをお願いしました。初回特典としてラッシーのサービス付き。やったー。

折しも店内のテレビでは下北沢の特集を放映していました。BONUS TRACKのレポートですね。どこも一時休業やテイクアウト対応に追われているようです。

こちらの「赤と黒」でもカレー各種のテイクアウトが注文できるそうですよ。

「どこも休業で街が寂しいですよねえ」「うちの店、コンサドーレ札幌のスポンサーなんですよ!赤と黒だから!」

気さくな店主の方と話している間にカシミールカレーが到着!なるほど、たしかにルーが黒い!さらさらとしたルーです。煮玉子とタンドリーチキン、パクチーのトッピングは一見オプションのように見えますが、基本オーダーで全部乗ります。もちろんパクチーが苦手な方は外すこともできますよ。

スパイスの風味が香るルーはさほど強い塩気を感じませんが、ぷりっぷりのタンドリーチキンに味がよくしみているのでちょうど良いバランス。半熟が美しい煮玉子も、スパイスに漬かっているようで良い香りです。

母体は高田馬場などで人気のカレー店「カレーハウス横浜ボンベイ」。ゲームセンターやサッカーチームなど異業種とも積極的にコラボレーションする、個性的で面白いお店です。カレーの味はもちろんのこと、そんなお話を聞くのも楽しい時間でした。ああ、いろんな人に食べに行ってもらいたい!!

気軽におすすめできる状況にないのが歯がゆいばかりですが、先述の通りテイクアウトも可能なのでぜひチェックしてみてくださいね。私もまた行きまーす。ごちそうさまでした!

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top