下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

自粛明け、再び目立ち始めた駅前飲みとゴミ被害

先日、ウィルステージ代表の志村からある写真を見せられました。1か月ほど前の駅前の様子だそうです。駅の敷地と公道を区切る仮設フェンス沿いに、3〜4人で立ち呑みに興じる人々が4組ほど見られます。

この写真はまだ飲食店が早じまいしていた頃のことですが、22時以降の営業も再開しはじめた最近でも、こういった人々の姿が依然増えているというのです。

昼過ぎに駅前へ足を運んでみたところ、ありましたありました。缶チューハイの残骸。

驚いたことにジョッキグラスまで残されていました。一体どこから持ってきたのでしょう。近くには吐瀉物の跡もありました。飲み過ぎです。

ちょうど1年前にも似たような話をご紹介したと思います。今年は自粛生活で鳴りを潜めるかと思いきや、「密を避ける」という名目のもとに外で呑む人たちが増加しているようです。

ごみや吐瀉物が残され、街の玄関口が汚されることはもちろんのこと、状況によっては治安の悪化を招き、ひいては街全体のイメージや環境の悪化につながります。これは誰に相談すれば対処してもらえるのでしょう……小田急や世田谷区の方々がアクションの指揮を執ってくれればいいな、と思う今日このごろです。

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top