下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

カレーフェスで「サンデーブランチ」が本気のカレー上映会

カレーフェスティバルもそろそろ終盤戦、昨晩はカレーフェスティバルに関連したイベントが開催されると聞いて夜の下北沢へ。

会場は、とってもかわいいスイーツが若い女性に人気のカフェ「サンデーブランチ」。行ってみたいなと思いつつ、いつも行列ができていたのでなかなか入る機会がありませんでした。今日はここでカレーを食べながらインド映画を見る特別上映会があるというのです。

この日は早めに営業を切り上げ、19時からのイベントのためにレイアウトを整えます。

店内には、通常営業で提供している季節のスイーツにあわせて、豪華なコスモスのアレンジメント。

平常時はカフェと並行して、雑貨の販売も行っています。紅茶や食器、焼き菓子なども売っているようでした。今日はイベントのため、雑貨エリアなどの半面はクローズ。それでも間隔をとって25人ぐらいは着席できるほど広いお店なのです。

天井も高くて居心地は最高。昼間は天窓から自然光が入ってきたりして、気持ち良さそうだなあ。随所に緑があしらわれているのも素敵です。

席について開演を待っていると、カレーの匂いを嗅ぎつけたカレーまんが突然の登場。25年以上下北沢で営業を続けるサンデーブランチ、お店の方は当然カレーまんとも顔なじみなわけですが、参加者の方は視線を向けていいのか悪いのか、すごく動揺しています(笑)。

「来年は10周年だから!」と謎の説明をしながらカレーまんは2016年のステッカーを配布。今年はギリギリまで開催の判断を待っていたため、ステッカーが作れなかったのだそうです。それでも開催できてよかったね。

得意のラップを即興で披露して、カレーまんは去っていきました。

上映したのは「スタンリーのお弁当箱」。インド映画といっても、ボリウッド映画によくあるダンスシーンは一切ありません。そして演技経験のない一般の子どもたちに参加を仰ぎ、台本なしのワークショップ形式で作り上げられたというユニークな作品です。

参加者には、映画になぞらえてお弁当箱スタイルのカレーとチャイ、そしてデザートとしてパニプリというボール型のスナックが配られました。

お弁当は、定番の手羽元入りバターチキンカレー、なすがジューシーな野菜カレー、ポリポリと歯ざわりが楽しいダールカレーの三種盛り。アチャールも玉ねぎと根菜で2種類楽しめて、とっても贅沢です。しっかり辛さがあり、かつ重たくないカレーはこの日限りの特別メニューにしておくにはもったいないほどの本気っぷり!おかわりしたいぐらいでした。

コメディ要素あり、ハートフルなシーンありの映画は、話が進むにつれ客席から笑い声やすすり泣く声がちらほら。一人で参加する方も多かったようですが、皆さんかなり楽しまれたようでした。いやー良い作品だったなあ……(ハンカチを当てながら)。

今年は新型コロナウイルスの影響で、こうしたイベントもままならない日々が続きましたが、上映会などのイベントは今後も不定期的に開催する予定とのこと。今回は告知から3日程度で定員が埋まってしまったそうですが、ご興味ある方はサンデーブランチのSNSなどをチェックして、またの機会にぜひ参加してみてください。

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top