下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

カレーフェス終了、随所に見られる下北沢の「変化」

先週末でカレーフェスティバルが終了し、通常営業に戻った下北沢です。雲は多めですが雨も降らず快適な週末。駅前からカレーフェスティバルのブースは消えましたが、人の往来は思ったほど減っていない気がします。人が多い。

南口商店街も人がいっぱい。ほとんどのお店は通常営業に戻りましたが、カレー屋さんをはじめエスニック系のお店は引き続き人気。カレーフェスで食べ逃した人も来ているのでしょうか。

カレー屋さんは相変わらず店頭に大行列が連なっています。特にスープカレー店が人気のようです。

一番街の「カレーの惑星」「Mikazuki Curry SAMURAI.」周辺はカレーフェス延長戦かのような大行列!道向かいにも整列しています。これがお昼のピークタイムを過ぎた光景なのだから驚きです。

「北口エリアは南口エリアより落ち着いている」「一番街商店街は地元の人たちが利用する昔ながらの商店街」という傾向はもはや昔の話。下北沢駅の出口が変わって、一番街方面にもたくさんの人が流入するようになりました。

鎌倉通りの人通りの増加が特に顕著ですね。こんなに歩行者の多い通りではありませんでした。この1年ぐらいで大きく変わったように感じます。

しもきたまり〜ばでは雑貨や古着のマーケットが開催されていました。近年の変化といえば、こうしたイベントが開催される広場が一番街エリアにたくさんできたことも象徴的です。

ウィンドウショッピング的な街歩きに限らず、「楽しそうなことをやっている」「何か聞こえるから行ってみよう」という体験的な楽しみ方が定着しつつありますね。こういった取り組みがやがて「下北沢に来れば何かある」につながるのかも。

それにしても本当に人が増えましたね。緊急事態宣言の出ていた頃はどうなるかと思いましたが、元通りとは言わずとも、ずいぶんと賑わいが戻ってきました。

パンケーキ屋さんの行列も帰ってきました。こうして少しずつ日常が再構築されていくのだなあ、としみじみしてしまいました。

カレーフェスが終わって何もイベントのない週末でしたが、賑やかな週末でよかったです。

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top