下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

エンタメ復活の狼煙、サーキットフェス「KNOCKOUT FES」に長蛇の列

茶沢通りを散歩していると、珍しいところで長蛇の列を発見。普段こんなところで行列ができることはないのですが、何があるのでしょう?

行列の先頭をたどってみたところ、茶沢通り沿いのライブハウス「下北沢MOSAiC(モザイク)」につながっていました。

本日11月8日は、下北沢MOSAiC主催の音楽サーキットフェス「KNOCKOUT FES 2020 AUTUMN(ノックアウト・フェス2020オータム)」が下北沢のライブハウス10会場で開催されているのです。

初期に比べて基本的な傾向と対策がある程度見えてきたこともあり、騒動自体は若干の落ち着きが出てきたコロナ禍。収容人数の制限や声援自粛の要請など、一定の規制を設けた上でフェス決行となったようです。

12月にはこちらも恒例となっている「下北沢にて」が開催予定。ライブハウスや劇場の公演が再開して久しいですが、このようにフェスも再開して、いよいよ下北沢のエンターテインメント全体が復活の気配を漂わせています。引き続き予断を許さない状況ではありますが、活気ある下北沢の文化が戻ってくるのはうれしいことですね。

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top