下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

”おいしい”と”激辛”は両立する!「SANZOU TOKYO」のウルルカレー

下北線路街に新しくできた個店街「reload(リロード)」。オープンしたての様子を覗いてあちこち散策していたら、向こうのほうで青空の下、飲み食いしている人々を発見。飲食店があるようです。

そこにあったのはカレー専門店「SANZOU TOKYO(サンゾウ・トーキョー)」。千葉・柏で創業した伝説の老舗「カレーの店ボンベイ」の姉妹店だそうで、都内でこの味が楽しめるのはボンベイ恵比寿店に続き2店舗目なのだとか。店内はカウンターのみですが、テイクアウトして表のテーブルで食べることもできるようです。

運良くカウンター席が空いていたので、厨房の様子を眺めながらカウンターで頂くことにしました。食券を購入してカウンターに座ります。

メニューには中辛レベルのカレーが3種、極辛口レベルのカレーが3種あります。うう、おいしいカレーが食べたいけれど、せっかくボンベイが味わえるなら辛いカレーにも挑戦したい……と、私が選んだのはウルルカレー。カシミールのしっかりした辛さはそのままに、キーマカレーに仕上げてあるものです。スタッフの方いわく、「スープ状でさらっとしたカシミールよりも食べやすいという声を聞きます」ということだったので、まずはこちらに挑戦することにしました。

ソースポットにたっぷり盛られたキーマは赤黒く、つやつやしています。キーマと聞くと汁気がなくパサパサ、パラパラしたものをイメージしますが、これはしっとり、じゅわっと汁気がにじみます。

ごはんに乗せて食べてみると、最初の口当たりはほんのり甘さを感じますが……辛い!!!すぐに容赦ない辛さが追いかけてきます。辛い、だけど肉は甘い、でもやっぱり辛い!!!!!料理としてはできたて熱々をいただくべきなのでしょうが、これは冷まさないととてもじゃないけど口に運べない……でも食べたい、おいしい……。

時折水を口に含みつつ、涙目になりながら完食。めちゃくちゃ辛かったです。でも単なる激辛メニューはただただ口が痛くなって終わるのですが、これは違います。肉の旨味、カシューナッツやしめじの歯ざわりと味わいがちゃんと楽しめるんですよね。「おいしい激辛」メニューってあるんだなあ……初めての、とても不思議な感覚でした。

中辛メニューに辛さをプラスすることもできる、とのことだったので、今度は中辛ラインナップにもトライしてみたいと思います。絶対また行こう。ごちそうさまでした!

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top