下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

スパイスの香りの奥に和の風味、創作スパイスカレー「胡粋」

間借り店舗ってすぐ入れ替わっちゃうからなあ、と敬遠していたのですが、「ここのカレーはおいしい」とあちこちで噂を聞くのでついに私も「胡粋(こすい)」へ行ってきました。南口商店街のダイニングバー「DUKE SALOON」を借りて昼間だけ営業しているカレー屋さんです。

12時半過ぎに訪ねると、店内は噂を聞きつけた方や常連さんでほぼ満席。ご主人お一人で切り盛りされていてかなりお忙しそうでしたが、運良くカウンターの空席に案内していただけました。

ジャンルは「創作スパイスカレー」。たしかに、塩麹やらカレイやら、カレーではあまり聞かないような具材の名がメニューに並んでいます。どれも気になりましたが、1のほうれん草塩麹チキンカレーを注文してみました。

こちらがほうれん草塩麹チキンカレー(1000円)。特製福神漬と副菜が2品、そして豆スープがついてきます。ごはん大盛りはプラス100円です。

何種類ものスパイスと表面にたっぷり散らされたドライパクチーがとっても良い香りで本格派インドカレーの雰囲気。一方で、塩気が効いたルーの味は昔からなじみある日本のカレーのようにも感じられます。ターメリックライスに混ぜ込まれた玄米はプチプチと食感が良く、しっかり煮込んで細かくほぐれた鶏もも肉と、こちらも繊維状になったほうれん草がごはんとルーをしっかり絡めてくれます。

小脇に添えられたムング豆のスープにも鰹節のような風味が感じられて、どことなく日本的……だしも和風スパイス、ということなのでしょうか?

インドカレーの雰囲気をまといながら、どこか日本の風味が見え隠れする、とってもユニークでおいしいカレーでした。この日は完売していたカツオのたたきアチャールも気になるなあ……一人でもお友達やカップルとでも入りやすいお店なので、ランチに迷われた際はぜひ一度訪ねてみてください。ごちそうさまでした!

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top