下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

ジャズ喫茶「マサコ」で味わう、カレーライスと四季折々の贅沢な時間

いやしかし連日暑いですね……灼けてしまいそうな眩しい日差しから逃げるべく向かったのは、「JAZZ & COFFEE マサコ」。下北沢歴の長い方ならよくご存じのお店だと思います。現在は移転し、「大阪焼肉・ホルモンふたご」の上で営業しています。

個人的な話ですが以前の店舗にはついぞ足を運べず、こちらの新店舗にもなかなか伺う機会がなかったので、この日が念願のマサコデビュー。楽しみです。

外は眩しく暑いですが、店内はほんのり薄暗く、自然光が心地良いです。クーラーも効いていて快適、快適。落ち着きのあるインテリアが味わい深いですね。

夏野菜のラタトゥイユに、みょうがのそうめん。この気候ゆえ夏メニューも大変心惹かれるものがありますが、今日はせっかくのデビュー日。オーソドックスにカレーライスを頂いてみようと思います。なんとなくジャズとカレー、合いそうだし。

恥ずかしながら、ジャズ喫茶というものに慣れていない私。ジャズはしっとり静かにBGMとして流れているものなのかな、と思っていたらわりと爆音で流れているものなのですね。すぐそこにジャズバンドがいるんじゃないか?と思うほど迫力のあるスウィング・ジャズが店内いっぱいに響き渡ります。

壁際に目を向けると、一面のレコード!なるほど、さきほどの迫力や音の厚みはアナログゆえのものなのですね。歓談よりジャズを楽しむ、というスタイルは今の御時世に合っているかも。

そうこうしている間にカレーライスが到着!おいしそうなバターチキンカレーです。

淡い色で生クリームが掛かっていて、甘口かな?と思いきや、口当たりは優しいのにじわじわ口の中にスパイスの刺激が広がります。とても上品な辛さ。ポリポリと良い音のするカリフラワー、大ぶりな鶏肉も食べごたえ十分。しつこい脂っこさや塩辛さもなく、食べ終えた後まで気持ちの良いカレーです。添え物のキャロットラペもおいしかったなあ。

カレーの後にはコーヒーでしょ。JAZZ & COFFEE マサコだし。というわけでブレンドもお願いしました。

看板と同じ「マサコ」のロゴが入ったソーサーがかわいらしいです。クルミの砂糖がけがひとかけ添えてあるのも小粋ですね。これがかなりおいしかった。コーヒーとの相性抜群です。

ジャズとともにホットコーヒーをすすりつつ、クーラーの効いた室内から下北沢の空をぼんやり眺める昼下がり。これは夏ならではの贅沢ですね……冬には冬の、雨の日には雨の日の贅沢が待っているんだろうなあ。本を抱えて、長居したくなっちゃうなあ。

ランチタイムはそれなりに盛況で、私も事務所に戻らなくてはならなかったので、くつろぐのもそこそこに退散。しかし、初訪問ではありますが長年愛される理由もほんの少し分かるような気がしました。また来ようと思います。

ジャズがお好きな方はもちろん、ジャズに明るくない方も「なんかいいな」と感じられれば十分。ぜひ一度足を運んでみてほしいお店です。ごちそうさまでした。

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top