下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

緊急事態宣言解除、10月最初の週末で賑わう下北沢

長い長い緊急事態宣言が9月いっぱいで終了し、今週末はアラートの出ていない久しぶりの週末です。下北沢は天気にも恵まれ、気持ちの良い秋晴れです。

半年以上も続いた緊急事態宣言から解放されて、日常生活が取り戻されるのかな、と思ったので下北沢の様子を見て回ることにしました。

下北沢駅前に来てみましたが、思ったほどの大混雑という感じではないですね。たしかに人通りは多いのですが、いつもどおりという感じ。

根拠の提示されない緊急事態宣言にうんざりして解除前から外出する人が増えていたことがひとつ、そして解除されたからといってすぐに今までどおりには戻れないと変わらず控えている人も多いことがひとつ、という感じでしょうか。いずれにせよ、緊急事態宣言の信頼のなさを感じてしまいますね……。

ウィルステージ裏の下北線路街 空き地も今日はのんびり。目立ったイベントも開催されていないようですね。イベントは来週以降増えてくるかもしれません。

しかし飲食店への行列はかなり復活した感があります。週末ランチには客足が絶えない珉亭、今日はずいぶん並んでいます。

一番街のカレー激戦区、カレーの惑星とMikazuki Curry SAMURAI.のあたりは道の両側に空席待ちのお客さんが群がっていました。

10月1日からは酒類提供も解禁されたということで、休業していた居酒屋には久しぶりののれんと、生ビールサービスの看板が出ていました。

オープンテラスでは昼からビアガーデン。さっそく仲間内で集まって瓶ビールを傾ける姿も。個人的にはまだ宴会的なものに二の足を踏んでしまう気分ですが、お酒好きには待望の解禁ですものね。

下北沢のメインストリート、南口商店街にもかなり人通りが戻った印象です。

先日まで休業していた珍珠堂も営業再開。お客さんも続々と立ち寄っています。

その一方で、「当面の間休業」の張り紙を出したまま復活の気配を見せないのは壱鵠堂。お酒も出せるようになったし、居酒屋ではなくラーメン屋なのだからいち早く復活しても良いようなものを……この様子、ちょっと不安が隠せません。

すぐにすべて元通り、というわけにはいきませんが、徐々に健全な日常を取り戻せるといいですね。

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top