下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

秋の味覚🍁大家さんから安納芋トリュフをいただきました🍠🍫

秋の味覚🍁大家さんから安納芋トリュフをいただきました🍠🍫

大家さんからスイーツファクトリー・スリーズの安納芋トリュフをいただきました✨

スリーズ(CERISE)のCとEを用いたロゴがさくらんぼっぽく見えるのは気のせいでしょうか?🍒

じゃーん!

一つずつ丁寧に個包装された安納トリュフがずらり。お洒落で高級感のある包装です。フレーバーは、チョコレート、いちご、抹茶、ホワイトチョコ、キャラメルと5種類が二つずつ入っていました。

安納芋トリュフは種子島産の安納芋を使用しています。安納芋は甘みが強く、ねっとりとした食感が特徴のさつまいもです🍠それをスイートポテトにしたものをベルギーチョコレートでコーティングしています。聞いただけで美味しそう…!

安納芋トリュフの他に、トーフ・チャウデやとろける半熟スフレといった商品も取り扱っているそう。トーフ・チャウデは京都産の豆腐と北海道クリームチーズを使用したレアチーズケーキで、ヘルシーな新感覚スイーツです。

見た目も食感も豆腐に似ているので「トーフ・チャウデ」と命名したのでしょうね。笑 スイーツファクトリー・スリーズの本店が大阪府堺市にあることからもこの面白いネーミングセンスに納得です💡 『豆腐ちゃうで!』ではなく「トーフ・チャウデ」とカタカナ表記にするだけで、なんだかお洒落な食べ物に思えてくるから不思議ですね。

と、話がそれましたが、本題の安納芋トリュフは冷やしても、常温でも、温めても美味しく食べられます🍴

温めた方が、安納芋特有の甘みとねっとり感、チョコレートのなめらかさ、香りを存分に楽しめそうですね。

早速頂きましたが、冷やしたままでも十分に甘くねっとりしていておいしい!コーティングされたチョコレートと安納芋が口の中でとろけて、次第に秋が深まり寒くなっていくこの季節にぴったりな、こっくりとしたお菓子です。温かいカフェオレやコーヒー、紅茶と合います☕🍁

スイーツファクトリー・スリーズは、食感のなめらかさに特化した商品を多く開発しているのかも知れませんね。

岩城さん、ありがとうございました!仕事の休憩タイムに美味しくいただきます😊

 

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top