下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

地域の人に開かれた、まちのラウンジ「(tefu) lounge」1/20開業

小田急線南西口を出て目の前、小田急線路跡地に建設中の「(tefu) lounge(テフ・ラウンジ)」。なかなか情報が出ず動向を見守るばかりでしたが、ついに開業日が発表されました。

2022年1月20日開業予定とのこと。うわ、思ったよりもすぐ!

反対側、東北沢方面にオープンした「reload(リロード)」は商業施設の向きが強いですが、こちらは、商業・ショッピングというよりももう少しスパンの長い文脈が感じられます。たとえば、シェアオフィスはドロップインではなく1か月単位で利用する会員制のワークスペース。このエリアで暮らす人々の「書斎」として、一日の大半を過ごす場として設計されています。また、有料のラウンジスペースはTSUTAYA系列店など、最近都心部で増えていますね。シェアオフィスと同じく会員登録をしますが、こちらは仕事に限らず自由にくつろげるコミュニティスペース。どちらも観光者というより地域の人々にフォーカスしているように感じられますし、どちらも非日常ではなく日常を満喫するための場、と言えそうです。

もちろん、イベントスペースや焙煎所、ミニシアターなど、外部からの来訪者も楽しめる施設もあります。オープンまで1か月を切り、ますます目が離せませんね。楽しみです。

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top