タイトル未定。

連日長蛇の列、台湾茶専門店「Gong cha」のタピオカミルクティー

連日長蛇の列、台湾茶専門店「Gong cha」のタピオカミルクティー

先日、ずっと飲みたかったゴンチャを飲みました!

どこの店舗を通りがかってもいつも行列が出来ている人気っぷりで、並ぶのが好きではない私は飲みたいなと思いつつ敬遠していました。しかし、イートインスペースの無いテイクアウト専門なので、比較的順番が回ってくるのが早いかも知れないと思い、並ぶことにしました。

私が立ち寄った店舗は吉祥寺店です。店頭にパンフレットがあったので拝借してメニューをチェックしました。

タピオカが黒々と輝いてるよ~!ちなみにタピオカは英語で「ボバ」とも言うそうです。うん、確かにボバっぽい。

ゴンチャは台湾生まれのティーカフェです。世界に1,500店舗を展開する超大規模カフェなのだとか。日本には2015年9月に原宿表参道に上陸したのを皮切りに、徐々に店舗数を増やし、現在は日本各地に約20店舗を展開しているそうです。

メニューがこちら。

オーダー方法が書いてある。ふむふむ。

まずはドリンクの種類を選ぶらしい。ここで私は気付く、ゴンチャってタピオカジュース専門店じゃないんだ!

ウーロン茶やジャスミン茶と言った台湾茶専門店なんですね。勘違いしてた~。ベースとなる台湾茶は4種類用意。ここに色々とカスタマイズしたものが、画像が見切れてしまっていますが、右側にずらっと載っているドリンクなんですね。いっぱいあって迷います。

台湾茶以外にもジュースやスムージーもあるみたいです。しかし、今日私はタピオカを飲みに来たんだ!ドリンクを選んだら、次は甘さと氷の量を選びます。

そして最後に、タピオカやアロエ、ナタデココなど、好きなものをトッピング♪タピオカを含めトッピングを後付け出来るので、純粋に台湾茶を飲みたい方やタピオカ類があまり好きじゃない方も頼めますね。

私はオーソドックスなタピオカミルクティーが飲みたかったので、ティー・コンシェルジュがオススメしていた、ブラックミルクティー+パール(タピオカ)を注文しました!

甘さ控えめ、氷少なめのSサイズにしました!氷はゼロにすると+70円かかります。少なめでも、氷の量は大分少なくてほぼないようなものでした。小さい粒が6~7個くらいでした。氷が少ない方がドリンクの容量が増えますが、ゼロと大差ないので少なめをオススメします

大体、注文するまでに20分くらい並んだかな。それでも20分かぁ。やっぱりけっこうかかります。しかも、店頭で販売していたパイナップルケーキも一緒に注文しようと思っていたのに、ドリンクを注文したことに満足してすっかり忘れてしまいました。涙 やってしまった・・・。

 

そして出来上がったタピオカミルクティーがこちら!

タピオカが底の方にゴロゴロ~★もっちもちです。タピオカってなんでこんなに美味しいんだろうか。

ブラックティーは発酵度の高い紅茶で、深みのある味わいが特徴なのだとか。確かに香りが濃厚でキレのある感じでした。甘さ控えめにしたのでかなりスッキリとした味わいでした。さっぱりしていて飲みやすい。

タピオカミルクティーって、ちょっと甘さがある方が美味しいんですよね。でも、甘ったるいのは好きじゃないし、店舗によって甘さの加減が異なるので頼んでみないと分からないんですよね~。ゴンチャはそこまで甘くないみたいなので、次は甘さ普通で注文してみようかなと思います。

 

新宿や表参道など人の多い都心のゴンチャはいつも長蛇の列ですが、アウトレットなどの商業施設やちょっと離れた場所にもあるので、どこかに出かけた際についでに飲んでみるのも賢い方法だと思います。そういう場所の方が空いている可能性が高いです。意外と家の近くにあるかも知れないので、一度店舗を調べてみると良さそうですね。

タピオカ、色々飲み比べるぞ!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top