下北沢に住みたい人のためのWEBサイト

下北沢の不動産情報と地域情報を随時配信しています。

「タコムマサラダイナー」緊急事態宣言でランチ営業、本格派スパイス料理を堪能

「旧ヤム邸 シモキタ荘」の立ち上げ人の新しいお店と聞いてオープン以来ずっとずっと気になっていた「タコムマサラダイナー」。夕方以降営業のバータイプのお店だということでチャンスを逸し続けている間に緊急事態宣言で休業……途方に暮れていたところ、ランチ営業を開始するとの情報が舞い込んできたのでさっそく足を運んでみました!

一番街栄通りと珉亭を結ぶ(厳密には少しずれますが)細い路地、ネガティブカフェ&バー「モリオウチ」と同じ細い階段をトントンと昇ります。

階段を昇って右手、かわいらしいタコの提灯が目印です。スパイスたこ焼きのお店ですが、ランチ営業の間はしばらくお休みとのこと。今日はランチメニューをいただきます。

店内はエキゾチックなアジアの風情が漂います。暖色のランタンも、壁に貼り巡らされたタイルも味わい深くて素敵。そして店内はほんのりスパイスの香り、スパイス好きにはたまりません。奥にはテーブル席、手前にはカウンター席があります。

日替わりメニューのAセット、「豚バックリブ豆鼓蒸し定食」を注文しました。赤、黄、緑と食材が色鮮やか!インディカ米のごはんにかかっているのは唐辛子のふりかけ。塩気と辛味に加え、食欲をそそる彩りです。お皿の柄も賑やかで、食卓がパッと明るくなりますね。

バックリブは一見食べにくそうですが身離れが良く、柔らかいお肉で食べやすかったです。豆鼓は中国の発酵食品。大豆を発酵させたものという点では味噌や醤油のようなものですね。コクのある穏やかな塩気と華やかな香り。八角かなあ。辛味はありませんでした。

そしてこれにミニサラダが付きます。これだけいろいろ付いて1,000円というのは満足度高いですね。 

スパイスと和えると肉も野菜ももりもりおいしく食べられる気がします。肉も野菜ももともと好きだけど、いろいろ食べたくなるというか。そんな元気の素がスパイスにはギュッと詰まっているから好きなんですよね。

この日は先客でお年を召した(私の父母世代ぐらいでしょうか)奥様方がランチに来られていました。「とってもおいしかった!また寄せていただきます」と言って帰られましたよ。老若男女問わず満足できる味わいだと思います。ぜひ一度訪ねてみてください。私は今度はカレーを頂いてみたいですね。ごちそうさまでした!

LEAVE A REPLY

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top