下北沢にある不動産会社・ウィルステージのウェブサイト

ウィルステージは東京・下北沢にある不動産賃貸管理会社です。

ウィルステージで一緒に働いていただけるスタッフを募集します(1)

ウィルステージで一緒に働いていただけるスタッフを募集します(1)

一言で言うと、

お客様に不動産に関するあらゆる情報をお伝えする仕事。

―WILLSTAGEの仕事

しゆりバイト募集


皆さんがイメージする不動産屋というのは、街中の仲介業務を主にしている店舗だと思います。お客様が店舗を訪れ、その場で希望に合った物件を紹介する。これが仲介です。一方、ウィルステージは管理をメインにした不動産業者。お客様が「物件を紹介してほしい」と事務所を訪ねてくることは滅多になく、インターネットを見て電話・メールをいただくケースがほとんどです。なぜならば、大家さんと住人の方々の間に入ってあらゆる問題を解決していくことがウィルステージの主要な仕事だからです。

しかし、私が任せていただいているのは「仲介」の仕事と言えるかもしれません。というのも、弊社ホームページやFacebook・Twitterといったネットを通じて、物件情報や周辺環境、その他部屋探しに役立つ情報をお客様に向けて発信しているからです。先にも申し上げましたが、弊社にお客様が直接ご来店して物件を紹介することは稀です。そのため、お客様に弊社の物件を知っていただくためにはネットでの情報提供がとても重要な鍵となります。

では、具体的な仕事内容について少し説明させていただきます。まずは「物件情報の登録」。家賃や坪単価、設備の計算・入力をして物件の詳細ページを作ります。次に、「物件に関するコラムの作成」。実際に物件を見に行き、写真を撮影。自分の目で確かめたその部屋の良いところ・悪いところを記事にし、お客様に住んだ時のイメージを持っていただくのが目的です。最後に、「ブログの更新」。弊社が管理している物件は下北沢周辺のものがほとんど。部屋だけでなく、街も好きになっていただけるのが最高の部屋探しだと考えているので、下北沢でのイベントや面白い風景を定期的に投稿しています。

以上のように、ネットを使って「お客様とウィルステージ」、「お客様と下北沢」を結びつけるのが私の仕事だと考えています。管理が主の会社でありながら仲介にあたる仕事を一任されているので、やりがいや責任をとても感じています。

強いて言うならば、文章力とパソコン力。

―WILLSTAGEで必要な能力

正直なところ、絶対に必要な能力はないと思っています(笑)。私自身、不動産に関するノウハウや特別なパソコンスキルを持って入社したわけではなく、ウィルステージで働きながら身についた能力の方が大きいからです。

ですが、「文章を書く」ことが好きな人に向いている仕事だと感じています。自分の思ったことをお客様に伝わるように文章化するのは意外に難しく、また、お客様の購買意欲を高めるようなコラムを作るのは、普段から文章を書く習慣のある人の方が取り掛かりやすいと思うからです。

このことだけを聞くと「大変そう…」と思われてしまうかもしれませんが、普段から弊社代表は「楽しんで書くことが一番!」と言ってくれています。私も初めのうちはコラムを作成するのにうんと時間がかかりました。ですが、代表の言葉の力を借りて、肩の力を抜いて自分なりの文章を書くことに努めているうちに、私なりの「伝わる文章」の構図が浮かび上がってきたように感じています。

その他、イラストレーターやフォトショップ、HP作成の経験がある方はウィルステージでの仕事に生かせると思います。ですが、これらの操作も入社後に初めて教えて教わった私からすると、本当に一番必要な能力は「仕事を吸収し、覚える力」かもしれません…!

 (枝 朱梨)

採用情報へ

 

 

 

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top