下北沢にある不動産会社・ウィルステージのウェブサイト

このサイトは、管理物件の室内写真を中心に掲載しております。

契約時の費用(初期費用につきまして)

 

[message type=”simple”]契約にかかる費用は、概算初期費用とも言われます。居住地を新しくすることは決して安い買い物ではないので、礼金敷金・仲介手数料などがどのような役割 を果たしているのか、引っ越す際にどれくらいお金がかかるものなのかなどを、できれば把握した上で契約したいですよね。今回は、敷金礼金など、契約金に関 わる言葉の説明と、概算初期費用の計算方法をご紹介します。[/message]

[divider]

■ 用語の説明

  • 敷金・保証金

    契約時に大家さんに家賃滞納が起きてしまった際の担保として預けられるお金です。
    基本的に退室時の清掃代、補修などが発生した費用と相殺し返金されます。
    敷金は家賃の◯ヶ月分で、管理費の金額は含まれません。

  • 礼金

    昔からの商慣習で、契約時に大家さんに対して感謝の気持ちを込めて支払うお金とされています。

  • 仲介手数料

    仲介時の手数料。一般的には1ヶ月分かかりますが中には半額、無料のものもあります。
    仲介手数料は消費税がかかります。

  • 火災保険料

    賃貸物件の場合、入居者の加入が義務付けられることが多いようです。
    主に、火災・水漏れを起こした時の賠償責任や家財一式、塔南が起きた時の保証が対象です。

  • 前家賃

    入居を開始する月の家賃のことで、契約時に支払うことが多いです。

  • 共益費

    建物の共用部分(共用灯、エレベーター、オートロック等)の電気代、清掃代などに充てられる費用のことです。
    家賃と共益費を足したものが賃料(1ヶ月に支払う金額)となります。

  • 鍵交換料

    鍵を交換する費用のことです。

■ 実際に計算してみると

例えば、家賃8万円、管理費2,000円、敷金2ヶ月、礼金1ヶ月の場合、

敷金(保証金)+礼金+前家賃+火災保険料+仲介手数料

となるので

16万円 + 8万円 + 8万円 +0.2千円 + 1.6万円 + 8.4万円= 42万2千円

初期費用としてかかることになります。

(鍵交換料や共益費がある場合もあるので、初期費用は多少前後することになります。)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top