下北沢にある不動産会社・ウィルステージのウェブサイト

このサイトは、管理物件の室内写真を中心に掲載しております。

池ノ上のデザイナーズ「サニーしもきた1」302って実際どうなの? 徹底解剖

池ノ上のデザイナーズ「サニーしもきた1」302って実際どうなの? 徹底解剖

下北沢周辺でお部屋を探している方は、隣駅の周辺もぜひチェックしていただきたいと思っています。なぜなら、下北沢周辺は駅と駅の間隔が短いから。隣駅徒歩3分の物件をよく見てみると下北沢からも徒歩10分の距離だった、なんてことが少なくありません。同じ価格でも、家賃の高い下北沢で窮屈に暮らすぐらいなら隣駅も利用できるエリアで良い環境に身を置くほうが快適だと思いませんか? そんな「おとなり優秀物件」の代表格、池ノ上駅から徒歩1分(!)の「サニーしもきた1」をご案内しましょう。

ミントグリーンのバルコニーがベースの白を引き立たせるこの建物が、サニーしもきた1です。デザイナーズマンション!

1階、2階には日本語学校が入っています。居住部分は最上階の3階です。エレベーターはなく、左奥の階段を昇っていきます。

日本語学校と同じ階段を昇ってきましたが、居住スペースへの入口にはナンバーロックが掛かっています。手前にはカメラ付きのインターホンも。

何もないとは思いますが、念には念を入れて、監視カメラも配置済み。気持ちの面でも安心です。

玄関を開けるとこんな感じ。白を基調とした内装に光が差し込む、気持ちの良いお部屋です。

なぜこんなに明るいのか? それは玄関の上に窓があるから! 暗くなりがちな玄関に光を送ってくれます。

ちょっと良い感じ:玄関とインターホン、二重三重の防犯対策!

ドアスコープ(覗き窓)から室内が覗かれてしまうのでは、と心配する方も少なくありません。カバーが付いているので、必要なときにだけ開けて見ればOK。そして防犯用サムターン錠が2つ付いているので空き巣に入られるリスクがぐっと下がります。エントランスだけでなく、お部屋単位でも防犯ができているとホッとしますね。

そしてインターホンはカメラ付き。居住スペースへの入口とつながっています。

キッチン・バス・トイレ

キッチンはコンパクトなタイプですが、2口コンロの「使えるキッチン」。まだクリーニング前なので汚れが多少目立ちますが、入居前にはもちろんクリーニングが入りきれいな状態でお渡しします。

バス・トイレ別で、脱衣所には独立洗面台と洗濯機置き場があります。洗濯機置き場の上には小さな棚があるので洗剤などの収納もばっちり。

お風呂で足を伸ばすのはちょっとむずかしいかも。体育座りで入るイメージです。とにかく湯船に浸かりたい、という方に。

トイレにはウォシュレットが付いています。

洋室

お部屋は約7帖。白をベースとしながらもコンクリートが前面に押し出されたドライな雰囲気です。天井が高いのでガラス戸も大きめ、その分光が差し込んできてお部屋が明るくなります。

収納は観音開きのクローゼット。中にハンガーラックがありますが、奥行きはちょうど肩幅1つ分ぐらい。荷物の少ない方はこれでも良いかもしれませんが、荷物の多さを自認する方はチェストなど収納用品の追加を考えておいたほうがいいかもしれません。

ちょっと良い感じ:家で過ごしたくなる内装!

デザイナーズマンションを選びたくなるのは、ただ寝に帰るだけのお部屋ではなく、日々暮らすために彩りや快適さまで考えられたお部屋だから。「サニーしもきた1」は、とてもスタイリッシュに、とても気持ちの良いデザインに仕立てられています。天井の高いこのお部屋では全体の空気をかき混ぜるシーリングファンが大活躍。見ていてもおしゃれ。

埃を積みがちなエアコンは壁に埋め込みました。景観を損ねず、またお部屋の掃除もしやすいですね。

ちょっと気になる:バルコニーが狭い

バルコニーはありますが、正直ちょっと狭い! 1歩バルコニーに出たら終了、左右に1〜2歩移動できるぐらいです。物干し台も備え付けのものはありません。幸いにも南東向きのお部屋で目の前が道路なので、室内干しも視野に入れておくのが良いかもしれません。もしくは小型の物干し台を設置するのもいいですね。

ちょっと気になる:柱の出っ張り

鉄筋コンクリート造の物件にありがちな、柱の出っ張り問題。このお部屋も残念ながら室内数ヶ所から柱がポコッと出ています。各個人の配置やお部屋の使い方次第なので、気にならない方は問題なし! でも入居後に家具の配置で悩むのもつらいので、持ち込む予定の家具はどれぐらいの大きさか、どこに配置できそうか、事前に確認しておくと安心です。

ちょっと良い感じ:約7帖もの広いロフト!

このお部屋の大きな特徴として、広いロフトが挙げられます。最上階のお部屋ならではですね。

はしごは手すり・フックの付いた頑丈なタイプ。グラグラしません!(でも傾斜がきついので苦手な人はいるかも。ご自身でお確かめください)

ロフト付きを謳う物件は数あれど、これだけ広さのあるロフトはそう多くありません。移動は中腰になってしまいますが、単なる寝室、単なる物置に留まらない使い方ができそうです。

ロフト用の照明や奥には窓もあります。光が当たりにくく夏は熱がこもりがちなロフトですが、ちゃんと明るく、また風も通せるのがこのロフトの魅力です。

このお部屋の魅力とともに、敢えて「ちょっと気になる」ウィークポイントも挙げてみました。逆に言えば、このポイントがさほど気にならないようなら「サニーしもきた1」はとってもおすすめの物件。あなたの新しい生活を、ここで始めてみませんか?

icon-check-circleサニーしもきた1 302号室の募集状況をチェックする 

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top